Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Disney+ がもうすぐサービス開始! ラインアップと日本語版最新映像を初公開

配信

ぴあ

ウォルト・ディズニー・ジャパンが、日本でも6月11日(木)からサービス開始となるディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」で配信される、オリジナル作品のラインアップと日本語版の最新映像を初公開した。 Disney+ (ディズニープラス)とは、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの名作・話題作が見放題で楽しめる。 今回ラインアップされたのは、国内でも大ヒットを記録した『トイ・ストーリー4』で人気となったフォーキーやボー・ピープが主人公のスピンオフ作『フォーキーのコレって何?』や『ボー・ピープはどこに?』など。『スター・ウォーズ』からは、シリーズ初の実写ドラマ『マンダロリアン』を配信。そして、日本でも熱狂的なファンを生んだテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』を、新たなメンバーでドラマシリーズ化した『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』など、新たな視点でその後を描いたファン待望のドラマシリーズが続々と登場する。 また、ディズニーはディズニープラスのために『わんわん物語』の実写化作品を製作。他にも、名優ウィレム・デフォーが主演し一人の男と犬ぞりリーダー犬トーゴーの命をかけた、実話に基づく冒険を描いた感動アドベンチャー大作『トーゴー』や、ポートランドで探偵事務所を営む11 歳の少年、ティミー・フェイリアーと、相棒のホッキョクグマ、トータルが事件解決に向けて奮闘するキッズアドベンチャー作品『名探偵ティミー』、ティーン向けベスト セラー小説を映像化した『スターガール』など、劇場公開作品に引けを取らない豪華な長編作品がずらりと勢ぞろい。ディズニープラスだからこそ実現したオリジナル作品の数々が配信される予定だ。 ラインナップ公開に併せて、日本語版最新映像がディズニープラス公式YouTubeチャンネルにて4本公開されている。

【関連記事】

最終更新:
ぴあ