Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保建英はレアル・マドリードに戻るべきか? 挑戦できる才能の持ち主なら、迷わずトライすべし!

配信

J SPORTS

ヨーロッパ主要国のリーグ戦は、再開されたかと思ったらアッという間に最終盤を迎えている。ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに続いて、イングランド・プレミアリーグでもリヴァプールの優勝が決定。今後は残り7試合でリヴァプールがどこまで勝点を伸ばすかが注目だ。 南野拓実も「プレミア優勝」という栄冠を味わった。もっとも、先日のエヴァートンとのマージーサイド・ダービーでリーグ戦初の先発出場を経験したものの、まだまだ主力として自らがつかみ取った優勝という実感はないことだろう。

これまでにも、在籍時に「プレミア優勝」を味わった日本人選手は何人かいるが、いずれも出場機会が限られており、本当の意味で自らの力でタイトルをつかみ取ったのはレスター・シティーで「奇跡の優勝」に貢献した岡崎慎司だけだ。

ビッグクラブに移籍することの難しさ、である。バイエルン・ミュンヘンのベンチでチャンピオンズリーグ優勝の瞬間を見守った宇佐美貴史なども含めて、これまで何人もの日本人選手が直面したビッグクラブという名の大きな「壁」である。 南野には、来シーズン以降の活躍を大いに期待しよう。そして、そのためにも今シーズンの残り試合で何度か与えられるであろうチャンスを着実にモノにして、結果を出していってほしい。 一方、スペインでは久保建英がまったく逆の意味での悲哀を味わっている。 再開後の久保は安定して目覚ましいプレーを見せている。サイドの選手としては、守備面で弱さを見せる時もあるが、少なくとも攻撃面では体幹の強さとバランスの良さを生かして、フィジカル勝負で負けることもなくなり、マジョルカというチームでは特別な選手となっている。

チームが下位に低迷し、結果を出せない中、攻撃面ではまさに「孤軍奮闘」といった活躍だ。 久保のストロングポイントが、まずそのテクニック面であることは明らかだろう。ワンタッチで自在にボールをコントロールできるのだ。 スピードのあるパスもピタリと足元でコントロールできるし、逆に後ろから来たパスのスピードを殺さないどころか、パスが緩すぎる場合にはファーストタッチで加速させながらドリブルに移れる。また、ワンタッチでボールにバックスピンをかけることによって相手の足を止めたり、相手の背後のスペースを利用したりもできる。 だから、ボールをコントロールした瞬間には、すでにマークする相手に対して優位な状況を作ったうえで次のプレーに移れるのだ。あとは、守備側の選手の態勢や、重心の移動の逆を取ってボールを動かしながら、守備の穴ができるのを待つのではなく、積極的に穴を作っていく。 しかし、残念なのは周囲とのコンビネーションを使って突破にかかれる場面が少なすぎることだ。 久保がボールを受ける瞬間は、ほとんどの場面で周囲からまったく孤立した情況になっている。久保はボールを受けて相手と対峙しながら、ボールを動かしてスペースを作ってドリブル突破したり、味方にキラーパスを通したり、あるいは自らシュートを狙うしかないのだ。 味方がスペースを作って、久保がそのスペースを利用して走り込むとか、味方とのワンツーを使ってスペースに抜けるといったプレーがほとんどできないのだ。周囲の選手たちは、久保にボールを預けると、久保が「個の力」で形を作った後にパスを受けよう考えて久保に任せきりになってしまう。 南野が「ビッグクラブへの移籍の難しさ」を経験しているのとは逆に、久保は「弱小クラブでプレーすることの難しさ」を体験しているのだ。

【関連記事】