Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

King Gnu井口理が元ゆるめるモ!あのちゃんと半同棲中

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FRIDAY

ある春の日の黄昏(たそがれ)どき、芸能人に人気の高級住宅街で引っ越し業者が荷降ろしをしていた。見れば、ライオンヘアにメガネ&口髭の男が混じっている。間違いない。昨年末の『NHK紅白歌合戦』で見たあの男――見た目と180度違う、女性のような美声で歌い上げていた『King Gnu(キングヌー)』のヴォーカル・井口理(さとる)(26)だ。 【画像】松嶋菜々子 美貌とオーラを維持するジム通い「スッピン姿」 「あのギャップこそ、井口最大の魅力です。白目を剥(む)いて歌ったり、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に学校のジャージ&便所サンダルで出演したりと“奇行”が目立ちますが、本人は東京藝大声楽科卒。紅白で披露した『白日』は超高音域のファルセット(裏声)を駆使した、彼だからこそ歌えた曲。ドラマ『イノセンス』(日本テレビ系)の主題歌に起用され、YouTubeでは約2億回も再生されるメガヒットを記録しています」(音楽専門誌編集者) メジャーデビューから1年で頂点まで駆け抜けた『King Gnu』。バンドを取り巻く環境が変わるのに伴い、井口の日常も一変した。築50年&家賃7万円のコーポでの、ベース・新井和輝(27)との共同生活から卒業となったのだ。 新生活がスタートして間もないある日、井口が帽子を目深(まぶか)にかぶって階下に現れた。ほぼ同時にタクシーがエントランス前に到着。ボブへアの美女が下車して、トランクから大きな袋を取り出した。井口は美女と一緒に荷物を抱えて部屋へ。 って、あれ? 共同生活を解消したばかりなのに、またすぐに共同生活を? 数日後、今度はマンションのゴミ捨て場まで一緒にゴミ出しに出て、そのまま部屋に戻る場面を目撃。二人とも、部屋着と思(おぼ)しきトレーナー姿だった。井口の留守中、彼女が代わりに宅配便を受け取るシーンもあった。 あの美女は誰なのか。取材を進めて合点した。白目を剥いたり奇声をあげたり、客席にダイブしたりと激しいステージを見せる一方、自分をゴミと呼び、不登校だった過去を隠さない“病みかわいいアイドル”、「あの」ちゃんだったのだ。 「SNSをフォローし合ったり、一緒に映画を観たり、二人は知る人ぞ知る仲。ともに本業のパフォーマンスはド派手で型破りだけど、性格は内向的で家からあまり出ない。共通点が多いのです」(芸能プロ幹部) たしかに緊急事態宣言が出される前から、二人は基本的に「巣ごもり」。外出といえば、新居の周辺を3㎞ほどウォーキングしたぐらいであった。 その散歩の帰り道、井口はスーパーで「だし昆布」を買った。売れる前の共同生活では、家事は新井に任せきり。新生活のテーマのひとつが「独り立ち」だった。 あのちゃんは昨年9月にアイドルユニット『ゆるめるモ!』を脱退。井口は3月末で『オールナイトニッポン0』(ニッポン放送)のパーソナリティを辞した。いずれも理由は「自分のやりたいことを突き詰めるため」。二つの才能がこの半同棲で何を生み出すか、注目である。 『FRIDAY』2020年5月8・15日号より

FRIDAYデジタル

【関連記事】

最終更新:
FRIDAY