Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〈今夜の自腹飯〉どこにでもある料理なのに、ここにしかない絶品“町中華”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食べログマガジン

〈今夜の自腹飯〉

予算内でおいしいものが食べたい! インバウンドの増加や食材の高騰で、外食の価格は年々あがっている。一人30000円以上の寿司やフレンチもどんどん増えているが、毎月行くのは厳しい。デートや仲間の集まりで「おいしいものを食べたいとき」に使える、ハイコスパなお店とは?

意外性がいっぱいの中華料理店

地下鉄茅場町駅から徒歩2分のオフィス街に、絶品の中華料理を食べさせてくれる店がある。 それが「STADIUM99KAYABACHO」だ。 店頭に白地に黒文字で「中華バル」と書かれた長提灯が吊るされているが、どう見ても中華料理店には見えない。

ガラス張りの洒落たファサードは、まるでダイニングバーのよう。その店づくりの意外性と同じく、この店の料理を食べたらきっと、同様の意外性にときめくことだろう。

店主の金岡永哲さんは客単価15,000~20,000円の高級中国料理店で7年間修業を積み、確かな調理技術を習得。独立するなら、地域に溶け込んだ日常使いできる町中華の店がいいなと考えていた。 だが、次に勤めた店が沖縄料理のエッセンスを取り入れた中華料理店で、こういう商売のやり方もあるのかと大いに刺激を受けたそうだ。

その後、バーや小料理店などで働いて商売の引き出しを増やし、現在、中華バルの店主として腕前を存分に発揮している。

1皿で3度おいしい、冷菜ニラレバ

同店のメニュー表は手書きのシンプルなもので、料理は“前菜” “手作り点心”“主菜・麺・飯”“オススメ”の4つにカテゴリー分けされている。そこにはなじみの料理名がずらりと並び、何を注文すればよいのか一目瞭然。中国料理にありがちな難しい漢字が並んだ料理名にドギマギする心配など、同店では無用だ。客は各カテゴリーから料理をチョイスすればいい。 例えば、“前菜”からは「冷たいニラレバ」。ニラレバは誰もが知る大衆中華の主菜だが、なぜ前菜で、しかも冷たいのか。その疑問は運ばれてきた料理を見れば、思わず納得する。同店のニラレバはニラとレバーが別々に盛られた、“冷菜”仕立てなのである。

【関連記事】