Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【永久保存】vol.04 知れば得する“美味しくモテる”ピッツァの見分け10の方法

配信

FORZA STYLE

その3 小麦粉の袋が見えること ラーメン屋さんで麺を入れる箱をチェックするように、イタリア製の小麦粉を使う店、国産の小麦粉を使う店、ブレンドをする店など店主のこだわりを直接見ることが出来ます。

その4 ピッツァを調理する大理石の台の上が常に綺麗であること 一流のピッツァ職人ほど作業をする台の上が常にピカピカです。 ピッツァ生地を伸ばすときには、生地が台にくっつかないように打ち粉を使うのですが、腕の良い職人ほどピッツァを焼き終わるときには、粉が綺麗に払われ、台の上はピカピカになっています。

その5 ピッツァが焼き上がったらホールの人がすぐにお客様に提供していること ナポリピッツァは1秒ごとに味も食感も落ちていく食べ物なので、焼き上がったピッツァを客席に素早く届けることを最優先にしている店は、旨いピッツァを出したいという思いが強い店です。 ピッツァ職人の動きを見て、焼き上がる前に窯の横でスタッフが待機して、焼き上がりと同時にテーブルに運ぶようなホールスタッフがいる店なら間違いありません。

以上、店頭からちょっと覗くだけで、「旨いナポリピッツァ」が食べられるお店かどうかを判断するポイントを整理してお伝えしました。 このチェックポイントに当てはまらなくても良い店はあるので参考程度にどうぞ。 旨いナポリピッツァの見分け方とは? 次にテレビや雑誌などで、私の元に寄せられる質問で一番多いのが「旨いナポリピッツァの見分け方」です。 「旨い」「不味い」という感覚は、かなり主観的なものなので、納豆やブルーチーズなど、ある人にとっては最高に美味しいものが、ある人にはとっても不味いと感じることはよくあります。 ですから、客観的に分かりやすいように、ピッツァ職人のコンテストなどの審査基準になっている形、焼き、食感、味わいについて解説したいと思います。

ナポリピッツァの見方が分かると、食べる前に良いピッツァを見分けることが出来るので、口コミサイトの写真だけでも、事前にある程度の予測が出来ますよ。 とは言っても最終的にはアナタが美味しいと思えば、それが美味しいピッツァなので、色々なピッツァを食べて自分の好みを見つけてくださいね。 その6 コルニチョーネの色と形 コルニチョーネとはピッツァの外周の縁の部分です。 ナポリピッツァは手で伸ばすときに、生地の中に含まれる空気を指で押しながら、中心部から縁に向かって伸ばすので、空気がこの縁に残り高温の窯で焼く時に熱膨張で膨らみます。

【関連記事】