Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

歳月の彼方から見えてきた?ドラゴンズ日本一試合での投手リレーの“真実”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

過去に何度も見てきた映像をしばらく時間が経った後で見ると、新しい発見に気づくことがある。数々の名作映画もそうだ。いい映画は何度見返しても感動と共に、新たな驚きがある。この春、プロ野球のアーカイブ映像でそんな体験をした。中日ドラゴンズが53年ぶりに日本一を達成した2007年11月1日、ナゴヤドームでの日本シリーズ第5戦である。

賛否両論の投手交代劇

この試合映像は、NHK-BS1が『あの試合をもう一度!スポーツ名勝負』と題して、2020年4月7日の19時から全国放送した。全イニングである。 試合結果は当然知っている。1-0でドラゴンズが北海道日本ハムファイターズを破り日本一になるのだが、この試合が今なお注目され続けている由縁、それは8回まで完全試合を続けていた山井大介投手を9回に岩瀬仁紀投手に交代したドラゴンズベンチの采配、もっと言えば、落合博満監督の采配だった。交代は是か非か、当時ゲームセット直後からファンや野球評論家から様々な声が飛び交ったことを記憶している。

結末を知った上でテレビ観戦

アーカイブ放送があったのは、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、政府が「緊急事態宣言」を出した夜だった。午後7時から安倍晋三首相の記者会見が行われていた。 この試合については当時の実況中継を録画保存していて見たいと思えばいつでも見ることができることもあって、リアルタイムで見ることもあらためて録画することもしていなかった。 そんな中、首相会見やそれに伴う報道がひと段落ついた頃に、九州にいる友人から「見ていますか?」とメールが届いた。おもむろにチャンネルを合わせてみると、ちょうど8回裏のドラゴンズの攻撃中だった。この後の試合の流れも、そこで“起きること”も当然知っている。犯人を知った上で見るミステリードラマのようだった。しかし極上のミステリーは結末を知っていても何度でも味わいたい。同じようにこの試合は、竜党にとっては何度でも見たいゲームなのである。そのまま最後まで見続けてしまった。

【関連記事】