Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自転車声優・野島裕史がサイクリング中にスピーカーで流すのは、懐かしいインスト曲! その理由は…?

配信

TOKYO FM+

声優・野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。7月5日(日)の放送は、野島がサイクリング中にスピーカーで流している曲について語りました。

この日の放送からスタートした新コーナー「自転車は音楽だ! サイクルソングリクエスト!」。リスナーから届いた自転車にまつわる曲や、ツーリングの途中で聴いた思い出の曲などを紹介していきます。初回となる今回の放送では、野島がサイクリング中にスピーカーで聴いている曲を紹介しました。 *  *  * 野島:Bluetoothスピーカーでうっすらと音楽をかけながら、自転車に乗ることがあります。 最近だと、坂本龍一さんの楽曲を聴いています。「千のナイフ」(1978年)といった、かなり昔のもの。 最近のヒット曲や歌モノを聴きながら走っていると、信号がストップしたときに周りの人に聴こえるんです。それが平気な方もいると思いますが、僕は“ちょっと恥ずかしいな”と思ってしまうタイプなので、わりと歌がなくて、リズム感がよくて、特定されない感じの曲を聴きながら自転車に乗るのが好きです。 そんな理由で歌モノを聴くのが若干恥ずかしいのですが、そこはちょっと克服していこうかな。そのうち慣れて、何なら歌いながら乗れるくらい強い心を持って、音楽を聴いていきたいと思います。 (「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」2020年7月5日(日)放送より)

【関連記事】