Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

終わってみれば13得点。青森山田が圧倒的な攻撃力を見せ、初戦白星

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 終わってみれば13得点。青森山田が圧倒的な攻撃力を見せ、初戦を白星で飾った。  8月30日にスーパープリンスリーグ東北の第1節が行なわれ、青森山田はホームでブラウブリッツ秋田U-18と対戦した。 【フォトギャラリー】青森山田 vs ブラウブリッツ秋田U-18  昨年度のU- 18高円宮杯プレミアリーグEASTを制し、ファイナルでもWEST王者の名古屋を下して日本一に輝いた青森山田。新型コロナウイルスの感染拡大によって今年度はスーパープリンスリーグ東北での戦いを余儀無くされたが、王者の名に恥じぬパフォーマンスで相手を圧倒する。  キックオフ直後の開始1分にオウンゴールで幸先よく先制すると、10分にはMF松木玖生(2年)が加点。直後の11分にもFW那須川真光(2年)がネットを揺らし、14分には松木がゴール前のこぼれ球を押し込んだ。15分で4得点。序盤から相手を圧倒した青森山田だが、攻撃の手を緩めない。  35分に右MFの小原由敬(2年)、36分と40分にはMF安斎颯馬(2年)がゴールを奪い、アディショナルタイムにもCKからCB秋元琉星(3年)が追加点。前半だけで8得点を奪う猛攻で相手に付け入る隙を与えなかった。  迎えた後半。青森山田は前半の出来に満足せず、積極的に前へ出る。49分には松木の右CKに主将のDF藤原優大(3年)が反応。強烈なヘッドを叩き込み、相手をさらに突き放す。続く55分にはPA手前でFKを獲得すると、松木が直接ゴールを狙う。ハットトリックとなる一撃を左足で決め、さらにリードを広げた。以降も得点を重ね、69分に安斎がこの日3点目となるゴールを決めると、75分に秋元、79分には那須川がネットを揺らす。84分にPKを与えて秋田のMF安藤功記(1年)にゴールを許したものの、攻守で相手を圧倒して勝点3を手にした。  リーグ戦の初戦を白星で飾った青森山田。試合後、黒田剛監督はこの日の出来に一定の評価をしつつ、現状に満足をしていないと話した。 「プリンスリーグだけではなく、プレミアリーグでも通用するプレー。そのようなパフォーマンスを随所にやっていかないといけない。それに甘んじてしまうと、もう一度対戦した時や、高校サッカー選手権や来年のプレミアリーグで悪い習慣が出てしまう。相手に関係なく、青森山田が目指しているサッカーを90分間やり切らないといけない」  今年はプレミアリーグが開催されず、夏のインターハイも中止となった。遠征も満足に行えず、異例のシーズンであるのは間違いない。ただ、現状に甘んじるつもりはない。与えられた環境でさらなる成長を目指す--。開幕戦を制した青森山田が冬の選手権を見据え、最高のリスタートを切った。

【関連記事】