Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京で過去最多「224人」の新規感染!入院患者は倍増...首都圏でささやかれる“東京由来”の感染拡大は本当か?

配信

FNNプライムオンライン

東京で過去最多!新規感染者224人に衝撃

7月9日、東京都で確認された、新型コロナウイルスの新規感染者数は224人にのぼった。1日の感染者数としては過去最多の数字となり、人々には衝撃が走っている。 【画像】緊急事態宣言や東京アラートでどう変わった?感染者数の推移を見る 都内で新規感染者が200人を超えたのは、緊急事態宣言中の4月17日に206人が確認されて以来。警戒される第二波が現実のものとなってしまうのか。 東京都の小池百合子知事は9日午後、対策本部を開いて対応を協議した。 東京都 小池百合子知事: 本日(9日)の新規陽性者数でありますけれども、これまで最大の224人となりました。年代別にいたしますと、20代30代の方々が75%を占めております 都内での感染者数は7月2日から連日100人を超え、8日は1週間ぶりに100人を下回った。しかし、7日に行われたPCR検査の件数が、これまでで最も多い3000件を超えていたことから、小池知事も9日の感染者はかなり多くなるとの見通しを示していた。 都が行った9日のモニタリング会議では、専門家の分析として、「先週に比べて40代50代が増加している」「感染経路は接待を伴う飲食店などだけでなく、同居、職場、会食など多岐にわたっている」などの報告があり、高齢者への感染拡大に注意が必要ともしている。

“東京由来”の感染拡大を懸念する隣接自治体

東京都での感染拡大には、隣接する自治体も神経をとがらせていて、埼玉県の大野元裕知事はこのように話している。 埼玉県 大野元裕知事: 埼玉と東京の密接な人の往来などに鑑みれば、東京がここまで増えたというのは極めて憂慮するべき状況であるし、埼玉としても無関係とはもちろん言えないわけですから。大変心配して見ています 大野知事が感染者急増の原因の一つとしてたびたび口にしていたのが、“東京由来”の感染拡大。埼玉県内で感染者が増え始めてから、東京由来の感染が半分を占めるとして、大野知事は都内の繁華街への外出を避けるように呼びかけてきた。 その埼玉県でも感染者が急増している。埼玉県では8日、緊急事態宣言の解除後最多となる48人の感染を確認。このうち10人はJR大宮駅近くの繁華街にあるホストクラブの従業員だった。 さいたま市は「ホストクラブでクラスターが発生した」と発表。この繁華街では、別の飲食店でもクラスターが発生していて、市はこの繁華街にあるホストクラブやキャバクラの全従業員を対象にPCR検査を行うことを決めたばかりだ。 首都圏で広がりつつある感染をどう食い止めるのか。コロナ対策は大きな正念場を迎えている。

【関連記事】