Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テントの出入りも面倒じゃない!脱ぎ履きが簡単なアウトドアサンダル5選

配信

&GP

キャンプでは、サンダルが一足あると便利。 ただ、キャンプにちょうどいいサンダルって意外と少ないものです。踵までしっかりホールドしてくれるタイプだと脱ぎ履きが面倒くさい。かといってビーサンやシャワーサンダルだと脱げやすいし、薄いため石や枝の落ちているキャンプ場では心許ない…。フィットやホールド感を求めると面倒で、手軽さを求めると安心感が得られないと歯がゆかったりします。 【着用シーンと詳細画像はこちら】 そこで、本格的だけど、夜テントからトイレに行く時だってスポッとラクに履ける、キャンプシーンにぴったりなスリッポン(スライド)タイプのアウトドアサンダルを紹介します。

1. おしゃれ度高めなスポサン型

シャカ 「チルアウト」(9130円) 今では定番のスポサンを牽引するブランドとして人気のSHAKA(シャカ)。1990年代、トレンドでもあったウェビングテープを使用したスポーツサンダルとして一躍ブームを巻き起こしながらも、その後惜しまれつつも消滅。そんな南アフリカのサンダルブランドが近年復刻しました。 90年代当時のソールをもとに軽量化されたソールはクッション性、耐久性がありながら、洗練されたデザインは街履きはもちろんアウトドアシーンでもマッチ。隙間から見えるソックスを合わせる楽しさもあります。 バタフライ形状のアッパーはウェットスーツでも使われている伸縮性に優れたネオプレン素材を採用。90年代感のあるウェビングテープは、デザイン性だけでなくフィット感の上でも重要で、スライドタイプながらフィット感も抜群のサンダルです。水陸両用で使えるため川遊びなどでも履きたくなる一足です。

2. トレシューの魅力が詰まった硬派な一足

キーン 「ターギー スリー スライド 」(1万3200円) 2020年で15周年を迎えるKEEN(キーン)のロングセラートレッキングシューズ「ターギー コレクション」。その新作にオープントゥスライドタイプの脱ぎ履きしやすいサンダルが登場。トレッキングシューズのアウトソールパターンはそのままにサンダルの通気性がブレンドされた一足です。 アッパーにはシリコン液を浸透させた特殊加工の防水プレミアムレザーが使われているため、厳しい自然環境の中でも耐久性を発揮。ソックスも合わせやすく、街からキャンプシーンまで活躍する幅広い使い勝手の良さも魅力です。 大地をがっちりグリップするKEENオールテレインラバーアウトソールは耐摩耗性とグリップ性に優れながら踏み跡を残さないノンマーキング仕様。軽量で劣化しにくく、歩行時の衝撃を緩和するミッドソールが優れたクッション性を実現しています。険しい山道を歩行するトレッキングシューズのスペックが踏襲された一足です。

【関連記事】

最終更新:
&GP