Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鉄道の現場 駅員の食事事情 いまも見られる食事当番 料理できず親を連れてきた逸話も

配信

乗りものニュース

食事当番になるも料理は苦手 職場に母親を連れてきた逸話も

 早朝から深夜まで動き続ける鉄道。終電後のメンテナンスを含めれば、鉄道は文字通り24時間動き続けています。そこで働く駅員も交替制の24時間勤務。では駅員は仕事中、どのように食事をしているのでしょうか。 【写真】東京駅 社員食堂のメニューはけっこうなボリューム  JR4社(完全民営化したJR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州)と、東京を拠点とする大手私鉄の各社に、駅員の食事事情を取材してみたところ、鉄道会社によって実情が異なることが分かりました。ここでは、各社の一般的な食事スタイルを紹介します。なお、地域や駅の規模によって、もちろん例外もあります。  鉄道会社といえば、昔はどの会社でも勤務のシフトのひとつとして食事当番がいて、仲間のご飯を作っていました。もちろん、料理が苦手な人はいつの時代にもいます。そこではこんなエピソードもあったとか。 「ナニッ、職場におフクロさんを連れてきたって。どうしたんだ」 「食事当番なんです。ボク、家でつくったことないんで、それで……」 「先輩につくり方を教えてもらえばいいじゃないか。なにもおフクロさんまで……。でも、せっかくだ。うまいものをつくってもらおう。1回だけだぞ……。じゃあ、お母さん、すいませんが、お願いします」 (出典:毎日新聞「駅員さんはコックさん」1977年12月14日)  これは当時、営団地下鉄に伝わっていた話ですが、似たような話はどこの鉄道会社にもあったとか。このエピソードの真偽はともかく、そうした苦労を乗り越えて一緒に仕事をした同僚は、文字通り「同じ釜の飯を食った仲」だったわけです。

自炊か調達か 鉄道会社によってまちまち

 しかし、業務効率化のため駅の仕事が整理され、駅員が削減された現在では、駅員が食事を作る文化は徐々に過去のものになっているようです。  いまでも駅員が食事を作っているのは、東急電鉄、京成電鉄、京王電鉄、東武鉄道です。食事当番はひとりあたり数百円の予算をあつめ、近所のスーパーなどへ買い出しに行き、駅務室内の台所で食事を作ります(東武鉄道と京王電鉄は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、2020年5月20日〈水〉現在、職場での自炊を取りやめています)。  駅によっては十数人ぶんも作ることになるので、業務用の鍋や炊飯器を駆使して調理する姿は、まさしくコックそのものだそう。できあがった食事を、休憩に入った人が順番に食べるという仕組みです。  食事当番はなく、各自に任せているという会社も増えています。JR4社と京急電鉄は、駅員が各自で食事を調達しているそうです。近年はエキナカ店舗も拡大しており、コンビニや飲食店を併設した駅も多いので、各自好きなものを買ってきたり、飲食店に行ったり、自宅から持ってきたお弁当を食べたりしています。JRの場合、駅ビルが併設された大きな駅では、駅ビル従業員向けの食堂があるので、そこで食べることもできるようです。  駅を管理する単位である管区に任せている、と回答したのは小田急電鉄です。基本的にはコンビニなどへ買いに行くことが多いようですが、喜多見や相模大野、海老名など車両基地が併設された駅には社員食堂もあるそうです。

【関連記事】