Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

妹・与正氏へのアプローチ模索する安倍政権 膠着状態の打開探る、金正恩体制の変化注視

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

   北朝鮮が金正恩朝鮮労働党委員長の健在ぶりをアピールした。朝鮮中央通信が2日、肥料工場を視察したと報じ、映像も公開された。4月下旬に健康不安説が流れ、各国が動向を追っているさなか。日本など関係国は「健康面の懸念は依然としてある」(外務省幹部)との認識で一致、情報の収集と分析を進めている。  注視しているのは、正恩氏の妹で党第1副部長の金与正氏に、権限の一部を共有させるといった形での「体制の変化」が起きているかどうか。実はこの1、2年の間、安倍政権は与正氏へのアプローチを模索していた。日朝関係の膠着(こうちゃく)状態を打開し、拉致問題進展の道筋を探る狙いだが、取り組みが結実する可能性はあるだろうか。(共同通信=内田恭司)  ▽政変直結の状況にない  「金正恩氏の健康状態には大きな関心を持って注目している。米国と相当緊密な情報交換をしている。必要な情報の収集、分析に全力を挙げていく」。安倍晋三首相は4月28日の衆院予算委員会で答弁した。ただ金氏の健康状態を把握しているかどうかについては「答えを差し控える」と言及を避けた。 

 この間の対応について、外務省幹部は「報道で流れていることを含め、あらゆる情報を収集し、分析してきた」と語る。  発端は米CNNが同月21日に伝えた「米政府当局者の話として金正恩委員長が手術を受けて重体になっているとの情報がある」との報道。それ以降「地方視察中に倒れ、緊急の心臓手術を試みたものの失敗」「年明けにフランスから医療団が訪朝していた」「既に植物状態になっている」等の真偽不明の情報が流れた。  同時に「東海岸の元山の別荘に滞在中」「専用列車が横付けされている」などと、重体説を一蹴する報道も出た。  日本政府は、こうした情報と同時に、米国や韓国と連携して、偵察衛星や通信・電波の傍受や、北朝鮮内部の協力者などからもたらされる高度情報を互いに集約して分析。日本政府関係者によると、関係国間では①軍に目立った動きがない②指導部内に緊迫した様子が見られない③通信量に際立った増加がない―ことで「直ちに政変に直結する状況ではない」と判断したという。 

【関連記事】

最終更新:
47NEWS