Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浪川大輔、小野賢章、梶裕貴ら豪華声優陣が登場!「体操ザムライ」がテレ朝深夜アニメ枠で10月10日よりスタート!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

テレビ朝日の深夜アニメ枠「NUMAnimation」(読み:ヌマニメーション)で、全国ネット放送第1弾として、オリジナルTVアニメーション「体操ザムライ」が10月10日(土)からスタートする。 【写真を見る】浪川大輔が演じる体操選手・荒垣城太郎 同作は、“2002年の日本体操界”を舞台に描く、本格スポーツアニメ。フィギュアスケートをテーマに据えて話題を呼んだTVアニメ「ユーリ!!! on ICE」(2016年、テレビ朝日ほか)を手掛けたアニメ制作会社・MAPPAが制作する、完全オリジナル作品となる。 29歳の元日本代表選手がコーチから引退を勧告されるも、さまざまな出会いを通じて自らの運命を変えていくというストーリーを展開。 本格的な体操の競技シーンを中心にした熱いドラマを軸に、家族や師弟など深い人間模様が描かれるのも見どころの一つ。 また同作には豪華声優陣がキャスティングされている。主人公の体操選手・荒垣城太郎役を、“日本一忙しい声優”といわれる浪川大輔が、城太郎と出会う謎の少年・レオナルド役を、第一線で活躍し続ける人気声優・小野賢章が担当する。 城太郎の娘・荒垣玲役は、「HUGっと!プリキュア」(2018年、テレビ朝日系)のキュアアンジュ役で印象を残し、2019年、第13回「声優アワード」の新人女優賞にも輝いた本泉莉奈が演じる。 そのほか、梶裕貴、堀内賢雄も出演し、名だたる名優たちがしのぎを削る白熱の演技で視聴者を魅了していく。 ■ 清水久敏氏ら最強チームが「体操ザムライ」を制作! 監督は清水久敏氏が、シリーズ構成は村越繁氏が、さらにキャラクターデザインには深川可純氏といった豪華制作スタッフが集結。さらにアニメーション制作はMAPPAが担当し、最強チームによって制作される。 清水氏は「今、世界が大変です。だからこそ、そこになにかを届けようと、僕たちも頑張っています。良いものを作ろうと、頑張っています」と並々ならぬ意欲を燃やす。 シリーズ構成を手掛ける村越氏もまた、「肉体を極限まで駆使し、超人的な動きを見せながらも美しさを追求する『体操競技』。選手たちは、己の技を磨くと同時に、4年に1度のペースで改正されていくルールとも戦っています。そんな彼らがどのように躍動し、どのように着地するのか、どうか最後まで見届けてください」と熱いメッセージを寄せている。 また、音楽を手掛けるのは、アニメやドラマのサントラをはじめ、ももいろクローバーZにも楽曲提供する作曲家・横山克氏は、「オリジナル脚本であり、清水さんのTVシリーズ初監督作品。久々にこんな熱量を詰め込んだ作品を作りました。笑って、泣いて、ぜひ楽しんで下さい!」と語った。 ■ 浪川大輔のコメント この度、荒垣城太郎役を演じさせていただきます浪川大輔です。まず、この作品、とても、いやとっても面白いです! 収録している最中も演者たちが「これは面白い!出来上がりを早くみたい!」と口々に語っているほどに。 城太郎というキャラクターは、娘の玲に支えられながら体操に打ち込んでいます。性格は、まっすぐ、ピュア、天然。 出会うキャラクターたちもいい意味でぶっ飛んでいます!絡みも最高!早速引退に追い込まれた城太郎、どう出るのか。  そしてどうなるか、熱い展開に注目!なにとぞよろしくお願いいたします。 ■ 清水久敏監督のコメント never KNOWS best 誰もベストなんて知らない。 スマートに生きてられない。 もがき、あがき、何とか生きていく。 今、世界が大変です。 だからこそ、そこになにかを届けようと、僕たちも頑張っています。 いいものを作ろうと、頑張っています。 面白くなると思います。たぶん。きっと。 ■ 村越繁氏のコメント 肉体を極限まで駆使し、超人的な動きを見せながらも美しさを追求する「体操競技」。 選手たちは、己の技を磨くと同時に、4年に1度のペースで改正されていくルールとも戦っています。 目まぐるしく変化する環境の中を進み続けること。今の私たちにとって、その厳しさは想像に難くありません。 この物語の人物たちも、体操競技という舞台で、またそれ以外で、さまざまな変化を前にしています。 そんな彼らがどのように躍動し、どのように着地するのか、どうか最後まで見届けてください。 ■ 深川可純氏のコメント 新たな作品に参加させていただくと、自分の中の引き出しを新しく作る感覚になります。 オリジナルであればより一層、自分の乏しさとの戦いです。「体操ザムライ」といえばまずは筋肉です。 美しい肉体の魅力をどうすれば伝えられるだろうと悩みながら描きました。そして家族というテーマがあります。 みんなが知っているけど、それぞれ形が違うものです。 だからこそ難しいのですが、「体操ザムライ」だけの家族の形をキャラクターデザインで表現しました。 気に入っていただけるとうれしいです。 ■ 横山克氏のコメント オリジナル脚本であり、清水さんのTVシリーズ初監督作品。ありったけの熱量を詰め込みました。 まるで90年代のような音楽が流れてきたり、勢いだけで作ったような音楽が流れてきたり、数々のオマージュも。やりたい放題!! 久々にこんな熱量を詰め込んだ作品を作りました。笑って、泣いて、ぜひ楽しんでください!(ザテレビジョン)

【関連記事】