Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロッテ・高部瑛斗 次代のリードオフマン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

“足”で魅せるのは一軍で躍動する和田康士朗ばかりではない。今季のドラ3ルーキーも50m走5秒8の快足を武器に、次代の一番打者候補として腕を磨いている。 文=岩下雄太 写真=BBM  昨年12月に行われた新入団会見で、ドラフト3位ルーキーの決意は力強かった。「アピールポイントは走力です。足からどんどんプレーの幅を広げていって、いろんなプレーにつなげていけるようにやっていきたいと思います」。    50m走を5秒8で走る俊足の持ち主は、いきなり武器を見せつける。「自分がどれぐらい走れるのかなと思って走って、ちょっと上にいけたのでそこはよかったと思います」と、新人合同自主トレでは、12分間走、20m走、YO―YOテストなどの種目で、7人の新人の中でトップの数字を叩き出した。  チームメートで現在、パ・リーグトップの盗塁数を誇る和田康士朗、二軍で盗塁トップ争いを繰り広げる藤原恭大に劣らぬスピードを持つ。9月13日時点で、イースタン12盗塁はリーグ2位だ。  魅力は“足”だけではない。打っても・・・

本文:1,006文字

写真:1
  • 外野手/1年目/23歳

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

週刊ベースボール