Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

居酒屋で食中毒、焼き鳥食べた5人に症状 カンピロバクター検出 千葉県市原市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県は8日、市原市五井中央西2の居酒屋「炭火焼酒家えん」で食事をした20~40代の男女5人が下痢や発熱の症状を訴え、4人の便から食中毒の原因となる細菌「カンピロバクター」が検出されたと発表した。市原保健所は同店での食事が原因の食中毒と断定し、8日から3日間の営業停止処分とした。  県衛生指導課によると、6月26日に食事をした5人が29日から発症した。いずれも焼き鳥を食べていた。現在も1人は入院中だが、全員が快方に向かっている。今月1日に患者を診察した同市内の医療機関から同保健所に届け出があった。

【関連記事】