Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「子犬の時期にやっておけばよかった」犬の先輩飼い主が後悔していること

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

犬を初めて飼うときって、わからないことがたくさんありますよね。「これでいいのかな?」と不安な気持ちを抱いている方もいるのではないでしょうか?  そこで今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、現在「成犬」を飼っている飼い主さん252名に「子犬の時期にやっていなかったことで、今『後悔していること』があるか」という、アンケート調査を実施しました。

約7割の飼い主さんが、子犬の時期にやっていなかったことで、今「後悔していること」がある!

その結果、飼い主さんの約7割が、「子犬の時期にこれをやっておけばよかった…」と後悔していることがあるようです。 何をやっておけばよかったと思い、実際に今どんなことに困っているのか…飼い主さんたちに詳しく聞きました!

もっとしつけをしっかりしておけばよかった

トイレが上手くできなかったり、無駄吠えや噛み癖などで苦労していたりと、「子犬のときにもっとしつけをしておけばよかった…」と後悔している方がいるようです。 ・「トイレのしつけが上手くいっていないので、もう少ししっかりとやっておけばよかったです」 ・「離れても戻れるようにしつけできてない。拾い食いをさせないこと」 ・「散歩に慣れさせなかった。『マテ』『ちょうだい』など大事なことを教えなかった」 ・「無駄吠え。玄関のチャイムが鳴ると吠える」 ・「家で、トイレすること。散歩をするようになってから、外でしかトイレをしなくなったのて、大雨でも台風でも、常に散歩のタイミングを探してます」 ・「柴犬(オス・去勢済)6才。家の中でもトイレできるようにしつけられなかったこと。台風でもトイレのために散歩に行かないといけないし、何か災害で避難所暮らしになったらと考えると、後悔しきりです」 ・「噛み癖が直らない。ワンコ幼稚園とかで同じくらいのコと遊べる機会を作れれば良かった」 ・「知識がなくケージに入れることをしなかったため、何度買っても入らないし破壊する」 ・「お留守番とクレートの練習」 ・「夜間はハウスで休む習慣を続けておけば良かったと思います」 ・「食の好き嫌いと手で食べさせてしまったことです。いまだに続いてます(笑)」

【関連記事】