Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“#宇都宮”都知事選当日の枝野代表ツイートは「二重に失敗」 宇都宮餃子の関係者も「うれしくない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 立憲民主党の枝野代表が東京都知事選の投開票日の5日朝、自身のTwitterに出身地である宇都宮市の名物・餃子の話題に触れ、「#宇都宮」のハッシュタグをつけたことで波紋を呼んでいる。 【映像】「#宇都宮」をクリックするとアカウント欄に宇都宮健児氏  「#宇都宮 #みんみん で育った私は、18才で #宇都宮 を離れてから仙台でも東京でも餃子専門店を探したが見つからず ラーメンや炒飯、野菜炒めがメニューにあるのは中国料理店 ビールもライスもないのが餃子の店 今もそう思うので全国チェーン『餃子の◯将』の名前には違和感 味は好きだけど」

 枝野代表は、別のユーザーの投稿を引用する形でツイート。しかし、これが都知事選の投開票日の朝だったことから、ネット上では立憲民主党が支援する宇都宮健児氏を連想させるとして「政治利用」などの声が飛び交った。また、立憲民主党の別の議員も「昨日は、餃子のOの持ち帰り生餃子を焼いて食べましたが、とても美味しかったです。ところで、餃子といえば #宇都宮 が有名ですね。いつか行ってみたいものです」(段下季一郎氏)、「みんな、明日は #宇都宮 の餃子について語ろうぜ!」(中妻穣太氏)と投稿していた。Twitter上で「#宇都宮」のハッシュタグをクリックすると、アカウントの一番上には宇都宮氏が表示される。  公職選挙法では、投開票日当日の選挙運動を禁じている。枝野代表は6日、高知市での記者会見で「誤解と心配をかけたのは恐縮だが、他意はない」と語っている。

 思わぬ騒動に巻き込まれた宇都宮餃子の関係者は、今回の投稿について「残念」だと話す。  「私個人としては、こんな形で話題になるのはいかがなものかと思う。宇都宮の宣伝なら構わないが、そういう話が問題になって、公職選挙法に引っかかるというのはうれしくない。(ビールもライスもないのが餃子の店は)古い。昔の餃子屋さんはほとんどなかったが、今は多分どこでもある。そういうこと(投稿)をなぜ当日にやるのかと思う」  では、枝野代表の行為は公職選挙法に違反する可能性はあるのか。ネットでの選挙運動に詳しい東京工業大学准教授の西田亮介氏は次のように話す。

【関連記事】