Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新時代を駆ける「逃げの名手」は? 勝利数では横山武史騎手、馬券なら木幡育也騎手

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

騎手の花形でもある「逃げ」戦法

「逃げ」戦法には華やかさと脆さが同居した独特の魅力がある。サイレンススズカやツインターボ、近年ではエイシンヒカリやキタサンブラックなど、逃げる競馬で人気を博した馬は枚挙に暇がない。 【紫苑ステークス 2020予想】先週3重賞的中!秋競馬開幕週!オークス上位負けられない1頭とは?(東大HC編) スタートから先頭を走って自らのペースに後続を従え、そのままゴールをはかる逃げ戦法は騎手にとってもまた花形だ。そんな逃げを得意とするジョッキーとしては前述のツインターボとコンビを組んで「逃げの中舘」の異名をとった中舘英二元騎手(現調教師)がいの一番に挙がるだろう。 また、現役では武豊騎手(当然、逃げ以外も一級品だが)や、地方・船橋競馬所属の左海誠二騎手に逃げのイメージが強い。武豊騎手はデビュー34年目、左海騎手は28年目と、どちらも大ベテランだ。 では、若手で逃げ戦法を得意としているのは誰だろうか。今回の記事では騎手の「逃げ」に関する各種データを見ながら、令和の競馬界を背負って立つ次世代の「逃げ騎手」が誰か、探っていきたい。

横山武史騎手が「逃げリーディング」

まずは2020年、現段階での逃げ勝利数、通称「逃げリーディング」を見ていこう。上位の顔ぶれ自体は通常のリーディング表と似ているが、順番はかなり異なっている。 逃げに限定した場合の勝ち星トップは21勝で横山武史騎手。トータルでの勝利数ではルメール騎手132勝に対し横山武騎手66勝とダブルスコアをつけられているが、逃げに限ると逆転する。2位に20勝で武豊騎手、3位に19勝で松山騎手が続き、ルメール騎手は4位となった。 そのルメール騎手は今年505回ものレースに騎乗して、逃げたのがわずかに33回。積極的に逃げるタイプではないようだ。ただ、逃げたときは勝率57.6%と10回以上逃げた騎手の中ではダントツの成績をマークしている。またルメール騎手が1700m以上のレースで逃げた場合、勝率が68.8%とさらに上昇する。普通、短距離戦の方が逃げ有利の傾向を示すだけに、卓越した技術を証明するデータといえる。 あまり逃げないルメール騎手とは対照的に、逃げを積極的に選択しているのが2年目の団野大成騎手。69回の逃げ回数は全騎手中トップだ。回数が多い分、勝率は他のリーディング上位騎手にはやや見劣るが、言い方を変えればチャンスの薄い馬でも果敢に逃げて見せ場を作っている、とも解釈できる。前残りの馬場傾向やスローペースが予想されるときは狙ってみたい騎手だ。

【関連記事】