Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小池都政が2期目突入 残された「地下鉄8号線」延伸問題は今後どうなる?

配信

アーバン ライフ メトロ

東陽町駅・住吉駅まで結ぶ計画

 2020年7月5日(日)に投開票された東京都知事選挙は、現職の小池百合子候補が当選を果たしました。引き続き、4年間にわたり都政を担います。 【データ】地下鉄8号線延伸で、利用者はどれくらい便利になる?  2期目の小池都政では、新たに取り組む政策も出てくることでしょう。もちろん1期目の4年間でやり残した課題も進めることになります。  インフラ整備は、短い歳月で完結しません。1期4年間の短い時間では計画を立てるのもままなりません。  着工までこぎ着けられなくても、2期目に道筋をつけることを期待されているのが地下鉄8号線の延伸です。  地下鉄8号線とは、いわゆる有楽町線のことです。現在、有楽町線の東端は新木場駅までしか線路が敷かれていません。  江東区が働きかけている地下鉄8号線の延伸計画は、途中の豊洲駅から分岐させて、東西線の東陽町駅・半蔵門線の住吉駅までを結ぶものです。  住吉駅から先の北側は、総武線の錦糸町駅を経て京成電鉄や東武鉄道の押上駅、さらに常磐線の亀有駅、そこから埼玉県に入り、最終的には千葉県野田市まで延伸することも検討されています。  江東区は地下鉄8号線を悲願としており、小池都知事就任前から実現に向けて各所に働きかけてきました。  2000(平成12)年以降、都心回帰や再開発といった要因も相まって、豊洲駅一帯は著しく人口が増加しています。住宅地としても商業地としても発展し、オフィスの増加も目立ちます。  そうした街の変化もあり、政府は豊洲へのアクセスを向上させる地下鉄路線の整備に乗り気でした。

背景にある人口減少という課題

 一方、地下鉄の建設は多大な費用を必要とします。豊洲~住吉間の江東区内だけの整備なら、総事業費は1500億円と試算されています。  東京メトロは、2008(平成20)年に全通させた副都心線が自社で整備する最後の路線であると、これまで繰り返してきました。  そのため東京メトロは8号線の延伸に関して、慎重な立場を取っています。  理由は、日本の人口が減少傾向にあるためです。  このほど東京都の人口は1400万人を突破するなど、いまだ増加傾向にありますが、それも頭打ちが見えています。今後、鉄道利用者数の増加は見込めません。  また新型コロナ禍により、多くの企業がリモートワークを導入しました。  こうした働き方改革が定着すれば、通勤需要は大幅に減少。鉄道の利用者が減ってしまえば、新線建設の必要性はないため、今後の採算面を考えると、東京メトロは地下鉄8号線の建設に慎重にならざるを得ません。ある意味、もっともな理由と言えるでしょう。

【関連記事】