Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ユニクロ研究家が「コロナ禍で買ってよかった」商品TOP3

配信

週刊SPA!

 第2波も懸念されるコロナ禍では、リモートワークや自宅時間を充実させるアイテムが今後も必須。外出自粛期間中プロは実際に何を買ってよかったのか。ウィズコロナ時代に必要な厳選アイテムをここに紹介する! ⇒【写真】ステイホームで買ってよかった服ベスト3

完全パジャマ派から転身! ルームウェアに最適な居心地抜群のスエット

 ステイホームならくつろげる服を一日中着ていたいもの。ファッションバイヤーのMB氏は、自粛期間に買った服のなかで、ユニクロの「感動ジャケット」に文字どおり感動を覚えたという。 「リモートワークの影響でZoom会議が増え、上半身だけでもしっかり見えるようにジャケットの需要が高まりました。普通のスーツだと窮屈ですが、感動ジャケットは着心地も良く重宝しています」  さらに、自粛期間中にセミオーダーの新サービスが開始した。 「一般的にスーツのセミオーダーをすると約3週間かかるところが、2日くらいですぐ届く。ベースの8サイズから着丈と袖丈を1~1.5㎝ずつセットして揃えてあり、約120種類のバリエーションから納品するだけだから早い。それなのに価格は既製品と変わらず5990円。間違いなくお得です」 「ウルトラストレッチスウェット」にも太鼓判を押す。 「僕はスウェット特有のごわごわ感が苦手で、家ではボタンつきのふわっとしたパジャマをメインに着ているので、スウェットは買っても着ないだろうと思っていたのに、着てビックリ。一般的な素材と違い、ユニクロがルームウェアのために開発した素材なので、360度伸縮性が高く、カシミヤタッチで柔らかい。パンツは細くてシルエットもきれい。伸縮性の高い素材にすることで、ノーストレスに仕上げています。今も普段使いしてますよ」  ジーユーの「オープンカラーコットンパジャマ」もほかの既製品とは一味違うとか。 「パジャマの色合わせって上下同じ色が普通ですよね。それだと寝巻き感が強くて外に出かけにくいんですが、これは上下の色がセパレート。デザインもスラックスみたいで限りなく普段着に近いので、素材はパジャマでもコンビニくらい平気で行けちゃいます」

【関連記事】