Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東出昌大、離婚後初の舞台に意気込み「明日も生きようと思ってもらえるよう」 三島作品「憂国」出演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優の東出昌大(32)が21日、東京・日生劇場で行われた三島由紀夫没後50周年企画の舞台『MISHIMA2020』の「憂国」「橋づくし」公開舞台稽古&初日あいさつに出席。8月1日に女優の杏(34)との離婚を発表してから、初の舞台となる東出は「この観劇を終えた後に、よし、明日も生きようと思ってもらえるような作品をお届けできればと思います」と意気込んだ。 【動画】東出昌大、渾身の自決シーン披露!「俺なんて、消えた方がいいんだ」  “三島由紀夫”をテーマに、演出家や映像作家として活躍中の才能あふれる4人のクリエイターが、それぞれの目線で演出する三島作品を、オムニバス形式で公演する。上演されるのは「真夏の死」「班女」「憂国」「橋づくし」の4作品。本公演の制作過程を追い、三島を通して「今」をとらえる ドキュメンタリー映画の製作も決定している。  東出は、ダンサーの菅原小春とともに「憂国」に出演。「三島さんも生前よく通われていたというこの日生劇場で初日を迎えられて、大変うれしく思います。この大変な時代に“本当に生きる”とは何だろうと考えながら、(作・演出の)長久監督と菅原さんと毎日考えながら稽古の日々を積んできた」としみじみ回顧した。  菅原は「三島さんもきっと見に来てくれると思うので、しっかり挑戦していきたいと思います。よろしくお願いいたします」と笑顔を見せた。  同作は、仲間から決起に誘われなかった中尉が、叛乱(はんらん)軍とされた仲間を逆に討伐せねばならなくなった立場に苦悩し、妻と共に心中するというストーリーで、“2020年版”として新たな設定で蘇る。時は令和、コロナ禍でライブハウス消滅の危機に瀕した夫妻が、三島の「憂国」のインフルエンサーとして大胆なメッセージを放つ。作・演出は、映画監督、映像作家として活躍する長久允。夫・信二役を東出、妻・麗子役を菅原が務める。  公開舞台稽古&初日あいさつには「橋づくし」に出演する伊原六花、井桁弘恵、野口かおる、高橋努が参加した。  同舞台は、9月21、22日に「橋づくし」と「憂国」。同26、27日に「真夏の死」(作・演出:加藤拓也 出演:中村ゆり、平原テツ)と、「班女」(演出:熊林弘高 出演:麻実れい、中村蒼ほか)が上演。併せてオンラインでも配信される。

【関連記事】