Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人材育成に役立てて 高岡信金が50万円寄付

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 高岡信用金庫は15日、経済的な理由で修学困難な高校生や高専生を対象とした高岡市荻布奨学金事業に賛助金50万円を贈った。  吉岡周理事長と吉田和人常務理事が市役所を訪問。吉岡理事長が「人材育成に役立ててほしい」とあいさつし、米谷和也市教育長に目録を手渡した。教育長は謝辞を述べ、感謝状を贈呈した。  事業は同信金3代目理事長の荻布宗太郎氏の寄付金を基に1963年度に創設。1人当たり9万6千円を年4回に分けて支給し、本年度は17人が利用する。同信金は賛助金を毎年寄贈しており、累計額は2100万円を超えている。 

【関連記事】