Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

MLB226勝バーランダー、右肘手術公表「非常に落胆」来季も絶望的

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 サイ・ヤング賞を2度受賞し、メジャー登録選手では最多の通算226勝を誇るアストロズのジャスティン・バーランダー投手(37)が19日(日本時間20日)、SNSで右肘靭帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けることを公表した。通常1年以上のリハビリ期間を要するため、復帰は22年になると予想される。  バーランダーは7月24日のマリナーズ戦で自身12度目の開幕投手を務め、6回2失点で今季初勝利を挙げた。しかし、右前腕部の故障で負傷者リスト入り。10月のプレーオフを見据えてリハビリを続け、一部では復帰間近と伝えられていた。  この日、自身のインスタグラムを更新し、「複数の優秀な医師の診断を受け、トミー・ジョン手術が必要なことがはっきりした」と報告。リハビリ期間中に行った実戦形式の登板で右肘の状態が悪化したことを明かし、「非常にがっかりしている」と心境をつづった。  バーランダーは05年にタイガースでメジャーデビューし、実質1年目の06年に17勝を挙げて新人王を獲得。11年は251回1/3を投げて24勝、防御率2・40の好成績でサイ・ヤング賞を受賞した。17年途中にアストロズへ移籍し、昨季は223イニングを投げて21勝、防御率2・58で2度目のサイ・ヤング賞に輝いた。最多勝3回、最優秀防御率1回、最多奪三振5回、球宴8回。メジャー16年の通算成績は454登板、226勝129敗、防御率3・33。2988投球回で3013奪三振。

【関連記事】