Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

敗北を知りすぎた悲しき中間管理職 「ダイの大冒険」魔軍司令ハドラーはなぜ“最大最強の好敵手”へと返り咲くことができたのか?(後編)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 前回、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険(以下、ダイの大冒険)』において、序盤の強敵として主人公たちの前に現れ、師匠であるアバンを真っ向勝負で見事撃破するものの、その直後にドラゴンの騎士の力に目覚めた新たなる勇者ダイに完敗し、それからあれよあれよと敗北に敗北を重ね、初登場時にはあったはずの武人としての誇りや、聡明さが見る見る失われ、後はもう惨めに死ぬだけか……というモブ雑魚5秒前まで追い込まれたかつての魔王であり、現魔軍司令ハドラーの歩みを振り返ってきた。 【画像】はじめてハドラーがポップを“名前”で呼んだシーン  後編では、ここから疾風怒涛の復活を果たすことになるハドラーについて振り返りたいのだが、その前に一人、振り返っておきたいキャラクターがいる。実は浮き沈みの激しいハドラーの歩みを先取りしていたかのようなキャラクターが『ダイの大冒険』には存在するのだ。  それは、獣王クロコダインである。  というわけで、ハドラーについて振り返る前にちょっとだけ寄り道してクロコダイン編を振り返ってみたい。 【※以下、物語終盤のネタバレを一部含みます】

『ダイの大冒険』の魅力が全て詰まっているクロコダイン編

 『ダイの大冒険』という漫画が好きで、クロコダインが嫌いな人っているのだろうか。恐らくいないだろう。  序盤に登場し、物語全体を振り返ってみればそこまで強いキャラクターではないように思えるし、主人公たち一行の仲間になってからもそこまで華々しい戦果を挙げるわけではない。どちらかと言えば新しい敵キャラへのかませ犬的な役割を担うことが多く、ルックスに至ってはほぼワニだ。  それでもクロコダインに人気があるのは、彼自身の魅力もさることながら、クロコダイン編が『ダイの大冒険』の根幹を成す重要なエピソードだからである。  クロコダイン編で『ダイの大冒険』の物語の定型はほぼ完成しているといっていい。  例えばクロコダイン編において、クロコダインとダイが初遭遇し、そのまま戦いに突入するものの、そこでは決着がつかず、ある程度の間をおいてからの2戦目で決着をつけるという2回戦方式を採っている。この方式はその後のヒュンケル編、フレイザード編、バラン編にも引き継がれ、大魔王バーン戦においてすらも初対戦のほぼ完敗に呼べるであろう敗戦からの最終決戦という形で引き継がれている。  2回戦方式のメリットは、1戦目と2戦目の間を空けることで、往々にして1戦目は劣勢を強いられた主人公側に修行や対策といった時間を設けさせ、一つのエピソード内で主人公側の成長を説得力のある形で描けるところにある。さらに、敵側の思惑や心境の変化すらも2回のバトルを通してじっくりと描ける。  クロコダイン編において重要なのは、1戦目と2戦目の間に、ダイたち側に変化が生じることと同時に、クロコダイン側にも変化が起きる点だ。1戦目は真っ向勝負で挑んだダイの想像以上の強さに脅威を感じ、2戦目を前にしてクロコダインは、6大軍団長の一人、妖魔司教ザボエラの甘言に乗る形で、自己保身のため自身が軽蔑していたはずの卑劣な手段に手を染めてしまう。  『ダイの大冒険』という漫画が「ドラゴンクエスト」のタイアップ漫画という枠組みを超えていまだに愛される理由とは、単なる力と力のぶつかり合いを描くだけなのではなく、葛藤を抱えたキャラクターたちの心理の変化を丁寧に描き、奥行きのある普遍的なドラマを描いているからだと私は考えている。  そんなそれぞれに思惑を抱えた両者が激突するバトルにおいて、主に物理面を担当するのは当然のごとく主人公ダイなのだが、心理面を担当するのが、前回の連載でも指摘したように、連載開始1話目から登場し、いきなりメラゾーマをブチかまして読者に鮮烈なインパクトを与えたダイの最初の仲間、魔法使いのポップなのである。

【関連記事】