Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戸郷翔征、プロ入り初となる10奪三振で今季4勝目!高2以来の甲子園マウンドに「いつ立っても緊張する…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 阪神1-4巨人/8月5日/甲子園  巨人2年目の戸郷翔征が7回0/3を投げ、4安打10奪三振1失点と好投を披露。今季4勝目を挙げ、ダントツ首位を走る巨人は2連勝・カード勝ち越しを決めた。  今季は開幕3連勝スタートを切ったものの、このところ2試合は勝ち星から遠ざかっていた戸郷。この日は、阪神打線を7回まで2安打無失点に抑え、8回途中には連続安打を許し降板となったものの、自身最高となる二桁奪三振をマークした。  一方、巨人打線は3回に若林晃弘のセンター前タイムリーで1点を先制。6回には阪神の先発・藤浪晋太郎のエラーから始まり、若き主砲・岡本和真と大城卓三の連続タイムリーで3点を加え、阪神を突き放した。  ヒーローインタビューに登場した戸郷は、自身の連敗を「2」で止める快投も、8回に失点し、途中降板したことについて、「いままで中継ぎの人たちにいろいろ助けてもらったので、今日こそはなんとかあの回だけは行きたかった…」と悔しそうな表情を浮かべた。  高校2年生以来、甲子園で投げたことについては「いつ立っても緊張するようなマウンドだったので、もっともっと自分の力が発揮できるようにやっていきたい」とコメント。最後は「今日も野手の皆さんも打っていただいて、とても助けられた試合だった」と振り返り、「明日も必ず勝つと思うので、応援よろしくお願いします」と次戦へ向けて力を込めた。 構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】