Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ユース版“静岡ダービー”は4-3で決着。清水ユースがSBS杯ドリームユースの頂点に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゲキサカ

[9.22 SBSカップドリームユース決勝 清水ユース 4-3 磐田U-18 草薙陸]  1977年から続くSBSカップ国際ユースサッカーの代替大会、「2020SBSカップドリームユースサッカー」(静岡)は22日、決勝戦を行い、清水エスパルスユースとジュビロ磐田U-18が激突。清水が4-3で勝ち、参加4チームの頂点に立った。なお、大会MVPには、清水のCB田中芳拓(3年)が選出されている。  ユース版の静岡ダービーは清水が撃ち勝った。前半7分、清水はFW東廉(3年)のスルーパスでFW小塩拳生(3年)が抜け出す。そして、GKの頭上を抜くループシュートで決めて先制した。  対する磐田U-18はその1分後、MF野中陸(3年)が右サイドからクロス。ゴールを背にした状態でコントロールしたFW馬場惇也(3年)が、浮き球を柔らかい右足シュートで決めて同点に追いつく。  前日、連動した守備でU-16日本代表のビルドアップを封鎖した清水はこの日も磐田を苦しめる。そして、ボールを奪うとサイドへ展開して攻撃。15分には、左サイドの小塩からのラストパスに反応したMF青島健大主将(3年)が左足の弾丸ショットを突き刺して再び勝ち越す。  さらに28分には青島の左CKをニアの小塩が頭で決めて3-1。一方の磐田はU-17日本代表MF藤原健介(2年)が視野の広さ、アイディアを表現。多彩なパスを配給するが、清水もそれが阻んで、速攻へ持ち込んでいく。  磐田U-18は30分、左SB小林篤毅(3年)が左足ミドルにチャレンジ。そして、40分には、右サイドでDFをかわしたMF山村琉偉(3年)がさらに1人を抜きに行ったところで倒されてPKを獲得する。だが、キッカー・FW池端今汰(3年)の右足シュートはGK後藤佑介(3年)が指先で触ってポスト。池端がこぼれ球を拾うが、清水は素早く対応してゴールを許さない。  清水の岩下潤監督はハーフタイムに「もっと勝負にこだわるだけじゃなくて、普段やってきたことも披露しないといけないんじゃないか」と選手たちに伝えたという。大きな展開を交えた攻撃を見せる清水に対し、磐田もこだわってボールを繋いで反撃。ともに、今後の成長に繋げるための80分間にしようとしていた。  後半は雨の降る難しいコンディションだったが、ともに綻びは生まれず、膠着する。それでも、U-16日本代表候補の186cmMF後藤啓介(中学3年)を前線へ投入し、高さを加えた磐田がゴールをこじ開ける。31分、山村が右サイド後方から入れたロングクロスに後藤が競ると、逆サイドへ流れたボールを交代出場のMF野中悠翔(3年)が左足ダイレクトでファインゴール。1点差とした。  だが、清水はその直後、左サイドへボールを動かすと、青島がPAへラストパス。これに走り込んだFW田中侍賢(中学3年)が右足1ダイレクトでゴールへ沈める。清水期待の中学生がゴールを決めて4-2。清水はCB田中やCB菊地脩太(2年)を中心に各選手が献身的に動き続け、磐田をゴールに近づけない。、だが、ユース版静岡ダービーはこのままでは終わらなかった。  後半アディショナルタイム、磐田は藤原のFKのこぼれを野中陸が左足シュート。ゴール前で後藤がコースを変えて1点差とした。さらに組み立て直しながら前線へボールを入れた磐田だが、清水は気迫の守り。1点差を守りきり、優勝を果たした。  ライバルを倒して優勝した清水の田中は「中学1年の頃から絶対に負けてはいけない相手だと教え込まれているので、そこはジュビロということで自分たちは試合前からテンション高く試合に臨めたかなと思います」とコメント。目標とする全タイトル奪取へ、弾みをつける1冠獲得となった。  また、岩下監督は「(磐田には)一瞬でも隙があるとゴールに迫られる迫力があったので、凄くそういう意味では課題になりましたけれど、良い経験になったと思います。途中から雨でボールが止まる状況から、(守備で)もう一個寄せないとシュートが当たって入ってしまう。そういうことも経験できたと思うので、当然勝負にこだわって勝ったことは良かったんですけれども、今後彼らがサッカーを続けていく上で非常に良い経験というか、良い試合になったと思います」。今年は新型コロナウイルスの影響でSBS国際ユースサッカーが中止。別の形で静岡サッカーの魅力を発信しようと開催された大会に清水ユース、磐田U-18、静岡ユース(静岡県高校選抜)、U-16日本代表の選手たちは感謝し、この経験を今後の飛躍に繋げる。

【関連記事】