Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【NBA名脇役列伝・後編】30歳で帰らぬ人に…誰からも愛された男、マリーク・シーリーの色褪せぬ記憶

配信

THE DIGEST

■98年オフにウルブズへ移籍。KGの指南役を買って出る  キャリアの転機が訪れたのは、マーク・ジャクソンらとの交換でロサンゼルス・クリッパーズに移った3年目のシーズンだった。当初はベンチスタートだったが、開幕から1か月で先発の座を掴むと平均14.7点を稼ぐ活躍。ペイサーズ時代はスモールフォワードで起用されていたが、新天地ではシューティングガードに回ったことで、持ち前のサイズをディフェンス面で生かせるようになったのだ。  移籍3年目の96-97シーズンは1試合を除いてすべて先発出場、平均13.5点でチームのプレーオフ進出に大きく貢献する。フリースロー成功率87.6%はリーグ7位で、グレン・ライスやマリン、ジョン・ストックトンらの名シューターよりも高い確率を誇った。  プレーオフでもチーム2位の平均12.5点をあげたシーリーだが、クリッパーズは彼との契約更新を見送る。その後、デトロイト・ピストンズに拾われたものの、ロックアウト明けの99年1月には解雇されてミネソタ・ティンバーウルブズと契約。ケビン・ガーネットとの出会いはこの時だった。    ガーネットがシーリーに憧れるようになったのは、8歳の頃にテレビでセントジョンズ大の試合を見たのがきっかけだったという。それ以降、彼はシーリーの体格やプレースタイルに自分自身を投影した。 「身長が高い割にシュートが上手く、コート中を自由自在に走り回っていた。まるでマジック・ジョンソンのようだったよ。マリークみたいな選手になりたいと思って、プレースタイルを真似したものさ」  ガーネットは当然のように、シーリーの代名詞だった背番号21番をプロ入り以来ずっと身に付けてきた。そのため、シーリーはウルブズでは慣れ親しんだ21番をつけられず2番へ変わったのだが、彼は自分を敬愛する後輩の指南役を買って出た。 「“ケビン・ガーネット”であることをプレッシャーだと思わず、楽しむんだ」  

【関連記事】