Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】1995年6・18 UWFインターナショナル両国国技館 山崎一夫vs高山善廣

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 1995年6.18 両国国技館 山崎一夫vs高山善廣っ! 「やっと来たかって感じですよ」そして敬意を払いつつも「叩き潰す感じでやった方がイイんじゃないかと思いますね」と闘志を覗かせる高山! 注目の初シングルは睨み合いからヒートアップ! 「来いオラァ!」と山崎!高山の打撃をいなしてフェイスロックでエスケープ奪取! しかし直後に高山がヒザ10連発!顔面、ボディと打ち込みダウン取る! そうなるとキレ味の増す山崎ハイ!二連発でダウン取り返す! レッグロックのブレイク際に山崎ヘッドを蹴飛ばす高山! 「ブレイクだ!ブレイクだ!」と言う和田さんを突っぱねて今度は高山を蹴っ飛ばす山崎! そりゃ会場がヒートアップ! スタンドになると今度はヒザ蹴りから、私がそれを真似しまくった美しいフォームのキレキレ山崎ハイ! 更に高山のヒザをかわすとバックを取ってジャーマン! 意地で直ぐに立ち上がる高山、まだ膝立ちの状態であろうがお構いなしにアゴ先をパカーンと蹴飛ばす山崎! こりゃ心折れてもおかしくないヤラれ方!(汗) しかしまだまだ立ち上がる高山!組みからフロントネックロックに入り、ボディパンチからまたも強烈なヒザを山崎の顔面に! 反撃の山崎ハイをいなしてバックを取ると、喰らえとばかりにぶん投げジャーマン!加えてバカスカサッカーボールキック! トドメを狙う高山!走り込んで飛びヒザだっ!! ロストポイント2対2の消耗戦!ここに決着!そりゃもう会場がヒートアイランド! まだまだ若手扱いだった高山とベテラン山崎が気持ちをぶつけ合う素晴らしい試合でした! そして山崎、これをUインターラストマッチとして古巣新日本プロレスに乗り込むのでしたっ! 時を経て、高山は2017年の試合中に起きたアクシデントにより頸髄完全損傷と診断され怪我と戦ってます。 先日リハビリを再開した事も発表し、着実に復帰に向かっています! 今日もプロレス最高っ! 著者:AJスレンダー Twitter:ajslendertokyo 『元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 』365日分書き溜めております! プロレストークライブ企画・制作・券売など行っております。 キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と新旧格闘王mixでお応えします! 【実績一例】 「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」 「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」 「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」 「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」 「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など

【関連記事】