Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スターから名脇役まで。22年ものキャリアを送れたビンス・カーターのメンタリティ【杉浦大介コラム vol.26】

配信

NBA Rakuten

再生の契機となったネッツへの移籍

「このチームではジェイソン(キッド)がバットマン。僕はロビンなんだ」 ニュージャージー・ネッツ時代のビンス・カーターを振り返ったとき、2004年のチーム加入直後、当時はコンチネンタル・エアラインズ・アリーナと呼ばれていたアリーナのロッカールームで嬉しそうにそう述べていた姿が、最も強く印象に残っている。 トロント・ラプターズ時代に“ダンク王”として名を馳せたカーターは、一躍リーグ屈指のスーパースターとなる。ただ、ラプターズでのキャリア終盤は故障、首脳陣との対立、トレード志願などでイメージが悪くなっていた。元来控えめな性格で、注目されることに疲れていた部分もあったのだろう。 ネッツでのカーターにはビッグネームらしいエゴは見受けられず、キッドという看板がいるチームの2番手的な立場になったことを心地よく感じているようだった。また、当時のネッツはニューヨークのすぐお隣ニュージャージーに本拠地を置きながら、どこか田舎臭の漂うチーム。注目度が高いとはいえない環境は、やり易かったのかもしれない。 重圧から解放された“ロビン”のプレイは、時にため息が出るほどに素晴らしかった。特に凄まじかったのが、シーズン途中にネッツへ入団した2004-05シーズン。この年、ラプターズでは20試合で平均15.9得点だったのが、ネッツ加入後は57試合で平均27.5得点、3ポイント成功率42.5%と大爆発。しかもそのプレイは独創的で、まるで漫画のような豪快なダンクや、バレリーナのように華麗な「360」のスピンを頻繁に披露してくれた。 スーパープレイの後には、大歓声よりもむしろ驚嘆のどよめきが多かったように記憶している。とてつもないハイライトが生まれ、ホーム戦でPAアナウンサーを務めたゲイリー・サスマン広報部長(当時)が、「Did you see V-C?!」(ビンス・カーターの今のプレイを見たかい?)”と叫ぶのが恒例となった。 この年、層の薄さがたたって開幕から7勝14敗と低迷していたネッツは、カーター加入後、リチャード・ジェファーソンが故障離脱していたにもかかわらず、35勝26敗と息を吹き返す。プレイオフではマイアミ・ヒートに敗れたものの、カーターの大活躍がなければその地点まで絶対に辿り着けなかったはずだ。