Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Japan Data】歴代の東京都知事:著名人がズラリも、地元出身はたった2人

配信

nippon.com

1400万人が暮らす東京都の財政規模は、スウェーデンと並ぶ15兆円。都知事の影響力たるや、一国の宰相に匹敵すると言われる。目下、新型コロナウイル感染症対策に追われる東京都だが、2021年には延期された東京五輪・パラリンピックの開催も控える。アフター・コロナの巨大都市の運営を担う次期都知事選を目前に、戦後の歴代都知事を一挙紹介。

任期満了に伴う東京都知事選の告示は6月18日、投開票は7月5日。現職の小池百合子都知事は再選出馬について明言を避けているが、2期目を目指すことが確実視される。自民党は対立候補を擁立しない方針を確認、野党は統一候補擁立を模索するも、選定は難航中だ。 前知事の舛添要一氏、その前の猪瀬直樹氏ともに1期目に不祥事で途中辞任したため、小池氏が出馬し当選すれば、石原慎太郎氏以来の再選となる。歴代都知事最多の当選4回を果たしたのは、石原氏と鈴木俊一氏の2人。石原氏は4期目途中の2012年、衆議院選挙に出馬するため、副知事だった猪瀬氏を後継指名して辞任。在任期間最長は、鈴木氏の16年、最短は猪瀬氏の1年。

コロナ対応で陣頭指揮を執る小池氏は、ニュースキャスターとしての経験を活かし、「3密」「ステイホーム」などのキャッチフレーズを織り込む見事な語り口で、連日メディア露出を重ねる。700分の1の国会議員と違い、首長は一国一城の主とあって、政治家としての実績よりも、知名度が選挙でものを言うケースが多いようだ。 国際政治学者の舛添氏、ノンフィクション作家の猪瀬氏は、討論番組の登壇者やコメンテーターとしてテレビでも活躍。芥川賞作家の石原氏の知名度は断トツで、弟の俳優・石原裕次郎氏とともに若い頃から何かと注目される存在だった。放送作家の青島幸男氏は直木賞作家でもあり、作詞家、タレントとしてもマルチな才能を発揮した。 革新系から擁立された美濃部亮吉氏は経済学者で、東京教育大学教授時代にNHK『やさしい経済教室』に2年間出演。台所の経済学を解説するなどお茶の間の人気は高く、3期を務めた。東龍太郎氏は、日本のスポーツ医学におけるパイオニア的存在の医学博士で、知事在任中も含む1950年から68年まで国際オリンピック委員会(IOC)委員も務めるなど、まさに1964年東京五輪のための都知事であった。 「実務派」と言えるのは、鈴木氏と安井誠一郎氏の2人。鈴木氏は、自治庁(現総務省)事務次官出身で、五輪開催に注力する東都政を副知事として支えた経験を持つ。安井氏は内務省出身で、官選時代の最後の東京都長官を務めた後、公選制に移行後の最初の都知事となった。 大阪府は、戦後の府知事10人のうち6人が大阪、京都、兵庫の関西圏出身。橋下徹氏も生まれは東京だが、小学5年生から大阪で育った“地元枠“だ。かたや、9人の都知事のうち、東京生まれはたった2人で、首都圏の神奈川、千葉、埼玉の出身者もゼロ。これも、「地元の顔」というよりも、「首都の顔」を選ぶ選挙ゆえなのだろう。

【関連記事】