Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ユナイテッドはレアルFWベイル獲得を検討か、交渉難航のサンチョのバックアッププラン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の獲得を諦めていないマンチェスター・ユナイテッドだが、代役としてレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)を考慮する可能性があるようだ。 【動画】C・ロナウドとベイルの超高速カウンター! たった2人でアトレティコ守備陣を破壊 サンチョは、昨夏からユナイテッドが獲得を目指しているイングランドの若き才能。シーズン開幕前に契約を延長した上、ドルトムントは1億2000万ユーロ(約150億円)の移籍金を設定し、売却に否定的な姿勢を見せている。 それでも諦めていないユナイテッドはサンチョ獲得の可能性を模索している状況だが、現実的な選択を考えているようだ。 その候補には、バイエルンからインテルへ復帰したクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(31)がいるとされる中、ベイルも候補に挙がっているという。 ベイルはマドリーへの滞在を希望している一方で、クラブとしては放出したい意向があるとのこと。給与を肩代わりしてでも手放したいとされており、レンタル移籍での放出は濃厚とみられている。 ベイルは9月に入り『スカイ・スポーツ』で、ユナイテッドへの移籍となるならマドリーを退団したい意向を示していたが、あくまでもサンチョのバックアッププランになるようだ。 レンタルという扱い、バックアッププランという扱いに不満を持ちそうなベイルだが、ユナイテッドのサンチョ獲得が現実的ではないことと、ベイルの飼い殺し状態を考えれば実現しそうな移籍だが、どのおような結末を迎えるだろうか。

超WORLDサッカー!

【関連記事】