Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日産「キックス」登場で競争激化は必至!? 超絶人気の最新コンパクトSUV5選

配信

くるまのニュース

新型のコンパクトSUVが続々と登場して市場は混迷状態!?

 1994年にトヨタ「RAV4」、1995年にホンダ「CR-V」が発売され、いわゆる「ライトクロカン」として人気を博しました。オンロードの走行を重視したこれらのモデルは、いまではクロスオーバーSUVとして、世界中でヒット中です。 【画像】発売直後の日産「キックス」の詳細画像を網羅! 最新のコンパクトSUVを見る(21枚)

 日本でも比較的コンパクトサイズのクロスオーバーSUVがもっとも人気があり、各メーカーがラインナップしており、近年は続々と新型車が登場。  そこで、最新のコンパクトSUVを5車種ピックアップして紹介します。

●日産「キックス」

 日産は、新型「キックス」を2020年6月24日に発表しました。発売は同月30日からで、人気モデルがひしめくコンパクトSUV市場へ投入された新型キックスの販売動向に注目が集まっています。  新型キックス最大の特徴は、これまで同社の「ノート」や「セレナ」で実績のある電動パワートレインの「e-POWER」を採用していることです。  e-POWERはエンジンで発電してモーターで走行するシリーズハイブリッドで、力強い加速や高い静粛性、そして、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速まで意のままにおこなうことができる、新しいドライビングスタイルを実現しています。  外観デザインは、精悍な「ダブルVモーショングリル」や流行の「フローティングルーフ」によって、力強さとスタイリッシュさを表現。また、躍動感のある先進的なLEDヘッドランプなど、存在感をアピールしています。  ボディサイズは全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mmと、街中でも扱いやすい大きさです。  また、新型キックスは、クラストップクラスのフロントウィンドウ見開き角と低いウエストラインにより、運転席は開放感ある視界を実現し、大人でもくつろげる広い室内空間を確保。  搭載されるパワートレインは、発電用エンジンに1.2リッターを搭載し、モーターで前輪を駆動する2WD(FF)です。  新型キックスでは、e-POWERの最大出力を従来から約20%向上させ、幅広いシーンにおいてパワフルでキビキビした走りを実現しました。  運転支援システムとして、これまで実績のある「プロパイロット」を全車に標準装備。高速道路での「長距離運転」と「渋滞」という2大ストレスを軽減します。  新型キックスの価格(消費税込、以下同様)は、「X」グレードが275万9900円、「X ツートーンインテリアエディション」グレードが286万9900円です。

【関連記事】