Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤琢磨がインディ500で2度目の制覇。世界3大レースで勝った日本人は何人いる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Park blog

2020年8月23日に開催された2020インディカー・シリーズ第7戦インディアナポリス500マイルレース(以下インディ500)で、佐藤琢磨が優勝した。佐藤は2017年に続く2度目の制覇となる。ところで、世界3大レースと言われるインディ500、F1モナコGP、ル・マンで優勝した日本人は何人いるのだろうか? 【すべての画像を見る】トップを走る佐藤琢磨

ベテランらしいレース運びで、自身2度目となるインディ500制覇

 2020インディカー・シリーズの第7戦インディアナポリス500マイルレース(以下インディ500)が8月23日に開催され、佐藤琢磨がこのレース2度目の優勝を果たした。インディ500は、1周2.4マイル(約4km)のオーバルコースを200周するレースで、走行時間は3時間を超える。  佐藤琢磨はインディ500の予選で、日本人ドライバー最上位となる3位を獲得。そして決勝レースでは序盤から上位につけていた。ところが124周目にピットアウトする際に、後続車と接触するというアクシデントに見舞われる。「ドスンと当たり、マシンへのダメージが心配だった」とレース後に述懐する佐藤は、幸いにも大事に至らずレースを続行。そして158周目に初めてトップに立つと、その後は給油などでピットインしてもその座を死守。最後の5周は他車がクラッシュしたため追い越し禁止の「イエローコーション」となり、佐藤はトップでゴールラインを通過した。  このように今回の佐藤は、インディ500参戦11回目というベテランらしいレース運びだった。レース後のインタビューでは、終盤にトップに立つという戦略は事前から決めていたと語っている。その戦略を実現するために、決勝前半はタイヤや燃費などのマシン状態を確認・変更するための時間に充てるつもりだった。さらに、決勝前半をそうするために、予選では上位につけることが必要になるという段取りも事前から構想されていたという。  ある程度の経験を持つドライバーならだれしも考える戦略だが、それを2.4マイルのコースを200周する間で実行するには、さまざまな壁が立ちはだかってくる。レースでは突発的なトラブルやライバルの動向によって、計画を修正する場面が幾度もある。それに対処できたのは佐藤琢磨がこれまで積み上げてきた経験とチームのバックアップがあったからだ。それらが噛み合ったからこそ、優勝を手繰り寄せられたのだ。

【関連記事】