Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戸塚純貴、ジュノンボーイであることを明かすも「“ウソでしょ?”って言われます」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 娘が好きすぎて、同じ大学に入学してしまったシングルファーザーをムロツヨシが演じ、お茶の間に笑いと癒しを届けているドラマ『親バカ青春白書』(福田雄一監督)。ガタロー(ムロ)&さくら(永野芽郁)親子の同級生で、ハイテンションのユーチューバー、根来役を演じる戸塚純貴が注目を集めている。ジュノンボーイ出身のイケメンなのに面白い、“自称・福田組の秘密兵器”の素顔とは――。 【写真】ムロツヨシ、“妻”にデレデレ

福田組の秘密兵器!?

「“ジュノンボーイなんです”って言うと“ウソでしょ?”って言われます(笑)」    飾らない素顔の魅力で、数多くの福田作品にも出演している。 「福田組の撮影は福田さんを笑わせるために全力で臨んでます。自由にさせてくださるぶん、プレッシャーと責任感がすごくあります。でも、出来がよくないと“戸塚、ホントにそれでいいの?”と言われるので、“いや~、違いました。もう一個あります!”って。毎回、ぶつかり稽古みたいな感じです(笑)」    主演のムロツヨシは尊敬する俳優であり、親しい先輩でもある。 「年に1回、ゲン担ぎで年の初めにサシで飲むんですけど。去年の報告とか今後の目標とかを聞いてもらってます。絶対に褒めてくれない先輩ですけど、ムロさんの話はいちばん胸に刺さりますね」  コロナ禍での初めてのドラマ撮影は、今までと勝手が違って戸惑うこともあったという。 「ドライ(カメラ無しで行われるリハーサル)のときは、必ずフェイスガードをするんですけど。最初に作ってくれたものはがっちりカバーしすぎて、お互いの台詞が全然聞こえなくて“何しゃべってるかわかんない”みたいな感じで(笑)。それから、どういう形が一番いいのか、フェイスガードとの向き合い方をみんなで考えましたね」    俳優チームからも、改良のアイデアを思いつくとリクエストしたそう。 「助監督さんでフェイスガード職人と呼ばれている人がいて、オリジナルで作ってくれるんです。みんなで話し合って、耳の部分は開けておこうとか、角が尖ってるから肌が切れちゃうんじゃないかとか……いろんな考慮をして、改良に改良を重ねて、最終的に首から下げるタイプの理想的なものが出来上がったんですよ。

【関連記事】