Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国最大の湖も三峡ダムも武漢も…水位上昇止まらず 中国で大洪水は起きるのか?

配信

FNNプライムオンライン

中国最大の淡水湖の面積が拡大 武漢の街は冠水の危機に

長江の流域で大洪水の恐れがさらに強まっている。南東部・江西省にある中国最大の淡水湖・鄱陽湖(はようこ)は7月12日、観測史上最も高い水位を記録した。 【画像】川の水が溢れ…各地で洪水被害 中国メディアによると、大雨と流入する水のため、鄱陽湖水域の面積は5月下旬から7月上旬までに約2000平方キロメートル拡大し(日本の琵琶湖の3倍ほどの面積)、過去10年で最大の面積になっているという。省内では堤防が決壊し、周辺が冠水する被害も出ている。当局は全省で戦時状態に入ったと警戒を強める。 南部の湖南省でも中国第2の淡水湖・洞庭湖が警戒水位を超えたほか、上海に隣接する江蘇省では、太湖が15日連続で警戒水位を超えた。南京市でも長江の水位が警戒水位を1m以上超え、街に迫っている。どこでさらなる大洪水が起きてもおかしくない状況が続いている。 中国は6月から続く豪雨により、各地で洪水や土砂崩れの被害が生じている。7月13日現在で死者・行方不明者は141人にのぼり、被災者3789万人のうち224万人が避難を余儀なくされている。中国メディアは、6月から7月12日の長江流域の平均降水量は1961年以降で最多と伝え、中国政府によると6月以来、433の川で警戒水位を超え、うち109の川でさらに限界に近い保証水位を超えたという。 新型コロナウイルス感染の中心となった湖北省は、「新たな試練に見舞われている」(中国メディア)。武漢では長江が氾濫警戒水位を超え、普段は地元の人や観光客が行き交う川沿いの遊歩道も水に浸かっている。 SNSに投稿された映像では、川の水面が人や車が行きかう道路より高くなっている場所がある。水が堤防を越えれば街が冠水する恐れがあり、土嚢を積むなどの対策に追われている。 東部・浙江省では、華東地域最大のダムで7月に入り制限水位を2m近く超えたため、初めて9つのゲートすべてを開き放水するなど、かつてない事態が起きている。 各地で軍も出動して対策にあたっていて、習近平国家主席は12日、「非常に厳しい状況だ」と述べ、2度目の重要指示を出して対応強化に乗り出した。 ネット上では、「2020年はいったいどうなっているんだ」と新型コロナウイルス感染拡大に続く大災害に悲鳴があがる。

【関連記事】