Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年の鈴鹿8耐が開催中止に…! 海外からの渡航に関する規制解除の見通しが立たず

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

11月1日決勝に延期されていたが、中止の憂き目に

モビリティランド(三重県鈴鹿市)は、2020年10月30日(金)~11月1日(日)に、鈴鹿サーキットで開催予定だった「2019-2020 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」について、本年度の開催を中止することを決定したと発表した。この発表をもって“秋の祭典”は幻に。 【写真×13】8耐王座、奪還へ! YZF-R1/R1Mが2020年モデルチェンジで戦闘力アップ

“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会の開催中止

7月19日決勝開催予定だった鈴鹿8耐は、今春からのコロナ禍で11月1日決勝へとレースが延期され、毎年恒例となっていた真夏の祭典が途切れることを惜しまれつつも、滅多にない“秋の祭典”として開催が期待されていた。開催されるはずだった東京オリンピックの兼ね合いで、本来の7月最終日曜日から1週間の前倒しとなっていたわけだが、延期の決定を経て、今回の発表をもって中止という流れになってしまった。これを受け、FIM世界耐久選手権の最終戦は9月開催のボルドール24時間耐久ということになりそうだ。

1978年にこの鈴鹿での耐久レースが始まって以来、開催がキャンセルされるのは初。これまで開催に向けた準備を進めてきたというが、国内外におけるCOVID-19の感染拡大状況などを踏まえ、現段階で海外からの渡航に関する規制解除の見通しが立っておらず海外チームの入国が難しい状況であることから、開催中止を判断したという。 EWC側からの発表もあり、「日本では現在でもCOVID-19パンデミックが大きな懸念案件となっており、日本政府はビジネス目的であっても国外からの入国を禁止する措置の緩和を見送っている。現在、FIM世界耐久選手権のグランドフィナーレを務める鈴鹿8耐にとって、海外からのライダー陣やシリーズのパーマネントチームは大会にとって欠かすことの出来ない存在。この顔ぶれが揃わなければグランドフィナーレは国内レースとなってしまうことから、モビリティランドは2020年大会のキャンセルを決断した」としている。

【関連記事】