Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野村周平──今はとりあえず我慢【GQ JAPAN連載特集:希望へ、伝言】

配信

GQ JAPAN

俳優の野村周平さんは、愛車のエンジンを眺めたり、ゲームをしたりして過ごしているそうです。 【そのほかのメッセージを読む】錦戸亮、美輪明宏、YOSHIKIらが緊急参加!

──あなたの現在の日常について教えて下さい。コロナ問題以前と変わったこと、新しい習慣、仕事や家族との向き合い方、その他この期間に考えたことなど、どんなことでも構いません。

大好きなニューヨークが、コロナ問題以降全く違う街に変わってしまいました。コロナ問題が勃発する前は、朝から午後帯まで学校で勉強、その後はスケボーしたり友達と飲みに行ったりという生活だったのですが、あんなに人であふれ、活気に満ちていた街から急に人が消えました。本当に急に消えたので、驚きと同時に、仮に自分がかかってしまったらという恐怖も感じました。そうなって以降、予防のため、万が一自分がウイルスを持っていたとしても人にうつさないため、ずっと家の中に籠るようになったのですが、今は日本に戻ってきて、緊急事態宣言がどうのこうのは関係なく、自分のため他人のため、不要不急の外出はしないようにしています。 自分はそもそも家でじっとしているのが苦手な人間なのでこの状況はかなり辛いのですが、それ以上に自分が感染したり、他の人にうつしたりする方が辛いので、やむを得ないですね。家では、料理をしたり、家の片付けをしたり、映画を観たりしています。必要に駆られてしている料理ではありますが、毎日やっているので着実に腕は上がっていっていると思います(笑)。また、片付けをしていたら家具が欲しくなってきて、どうせなら自分で作ってみるかという気持ちになったのですが、ホームセンターに行けないということに気付いて悶々としております。あとは資格を取るのもいいなと思っています。せっかくニューヨークで英語を勉強したので、英検とかTOEICとか。あとは車が大好きなので自動車整備士とかも取れたら楽しいだろうなと。コロナの影響で世の中の環境は激変していると思うのですが、やっぱり自分としては俳優としての仕事に対しての考え方、そこはブレずに「俳優としていい仕事をしていきたい」というこの言葉に尽きます。 また家族に対しての思いやりも、元から大事にしていたのでこの問題が起きたから変わったという事はありません。今までもこれからも大事にしていきたいと思っています。

【関連記事】