Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

m-flo ☆Taku Takahashi×VERBALが語る、コロナ以降の発想の転換「様々なファクターを見直してエンタメの届け方を考えたい」

配信

リアルサウンド

 コロナ禍における音楽文化の現状、そしてこれからについて考えるリアルサウンドの特集企画『「コロナ以降」のカルチャー 音楽の将来のためにできること』。第8回は、m-floの☆Taku TakahashiとVERBALへのインタビューを行った。  m-floは、新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受けて『IDENTITY: Project Blue Marble』や『Music Lives』といった海外のチャリティーイベントに参加し、国内では☆Taku Takahashiが『BLOCK.FESTIVAL』を主宰、DJ DARUMAらアーティストと『Fight COVID19 Online EVENT “YOUR HOUSE by EDGE HOUSE/block.fm“』を発足するなど、国内外で積極的にアクションを起こしている。緊急事態宣言以降、アーティスト活動はもちろん、働き方、ライフスタイルそのものに大きな変化が訪れている昨今。m-flo/個人として、一連のコロナショックをどのように受け止め、どんな未来を見据えているのか。グローバル且つ多岐にわたる活動を行う両者に、エンターテインメント業界の危機を好転するために求められる新しい発想、そしてそれに伴う課題と期待について語ってもらった。(5月21日取材/編集部) ■みんな否応もなく2020年に連れてこられた ーー新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言により、音楽業界全体に大きな影響が及んでいます。m-floとして、もしくは個人として、この期間はどんなことを感じていましたか? VERBAL:これまで対面で行っていたことも全てリモートでの対応になったことで、みんな否応もなく2020年に連れてこられたような印象があります。もともと日本はテクノロジーに関して疎いところがあると感じていて、例えばwi-fiが飛んでなくても気にしなかったりとか、コロナ以前だったら僕の周りでもSkypeというサービスを知らない人もいました。それが今ではZoom飲み会のようなリモート環境下での活動があたりまえになっていますし、今まで「電話やビデオ会議でよくない?」と思っていたこともどんどん切り替わっているので、僕としては仕事もやりやすくなっています。  ビジネス面で言うと、すべてオンライン上で行うことが前提になってきているので、その移行作業に追われる毎日を過ごしています。キャンセルや中止にした公演を補填するにはどうしたらいいのか、その代替案を考えていくことはもちろん、どうやってお客さんと再びエンゲージメントを築いていくかを、スタッフやアーティストと常に一緒に考えている状況です。 ☆Taku Takahashi:VERBALの言う通り、新しいテクノロジーを使わざるを得ない状況になっているので、その分野に関するリテラシーはすごく高まっていると思います。ただ、すべてリモートでできる便利さがある反面、移動が減っている人々も増えています。移動は面倒なことではありますが、実はその移動時間に脳みそがリセットされたり、気分転換ができるタイミングだったんだと思うんです。人によっては朝から晩まで続けて打ち合わせや会議をしている人もいますし、便利さが増えた分、それに伴う精神的な負荷を体感していた方も少なくないと思います。 ーーm-floとしての活動についてはいかがですか? VERBAL:一度、すべてをリセットする必要はありました。アーティストのプロモーションにしても、音楽の届け方にしても、大きな会社には慣習というものが必ずあると思います。先ほどのリテラシーの問題を含め、個々の意識の変化だけでは、そういったシステムを足並み揃えて最適化していくには時間もかかります。そういう意味でも、よりm-floファーストで音楽をリスナーに届けていく方法を考えなければならないですし、今回の自粛期間がメンバーやスタッフと改めて話し合ういい機会にもなりました。 ーーこのコロナ禍によって、いろんなものの価値観がいい意味でも悪い意味でも変わったと思います。お二人はどんなところに変化を感じますか? VERBAL:最近だと、クラウドファンディングに対するイメージの変化は大きいと思いました。クラウドファンディングが日本で認知され始めた当初は、利用した人に対して「資金力がないのかな?」みたいな偏見があったと思うんです。でも今はそうではなくて、コミュニティを作るための大事なポイントであったり、施策を考えるミーティングポイントになっているとの見方に変化しています。  例えば、通常のフローで作品を一定数、流通・販売するためにはノルマ何千枚で数十万の予算が必要だったとします。ただ、クラウドファンディングで自分たちで資金を調達することができれば、仲介者がいない分だけ生産数を調整したり、デジタル配信だったら経費をより抑えることができるなど、需要と供給にあわせて価値を見直すポイントが生まれます。我々の考え方としても、そういう様々なファクターの見直しを含めて、これからのエンターテインメントの届け方を考えていきたいと思っています。 ☆Taku Takahashi:今回の新型コロナウイルスに伴う自粛期間を経験したことで、音楽業界のマネタイズに改めて向き合わなければいけなくなりました。近年はCDビジネスが立ち行かなくなったことでライブや物販で収益を得ていくマネタイズのモデルに変わっていきました。もともと大きなファン層がなければ成立しないモデルではありますが、今回のコロナによってそのライブ自体もできなくなってしまった。もちろん、アーティストや事務所だけでなく、ライブハウスやそこに紐づく多くのスタッフや技術者の方々の収入も大幅に減っています。緊急事態宣言明け以降もしばらくはこの状況は続くと思いますが、仮に観客を減らしてライブを行った場合、それによる収益が僕らがかけているコストに見合うのかどうか、そういったところの検証は今後も行っていくことになるとは思います。 ■求められているのは“繋がり” ーーそんな中で、☆Takuさんは『BLOCK.FESTIVAL』を主宰しました。同企画の開催に至ったきっかけを教えてください。 ☆Taku Takahashi:きっかけは至ってシンプルです。音楽好きな人たちや演奏したいアーティスト、その両者にとってライブ体験はすごく重要なものだと思います。もちろん、SNSなどで個々にライブ配信をすることも素晴らしいとは思いますが、僕はみんなの力を合わせて何かを発信して、そこで繋がりを生み出していけるような状況を作りたかったんです。 ーー開催してみての反響は? ☆Taku Takahashi:これまで『BLOCK.FESTIVAL』を2回開催しましたが、約50万人くらいの人たちがチェックしてくれたんです。何より嬉しかったのは、「こういう状況下でも音楽を楽しめることが嬉しい」というポジティブなコメントがたくさん届いたことです。7月には3回目の開催を予定しているのですが、そこでもどのようにリスナーの方々とアーティストの方々のいい繋がりを作ろうかと、今準備している最中です。 ーー『BLOCK.FESTIVAL』で面白いと思ったのが、ライブだけではなく、それに紐づくグッズなども展開していたところです。本物のライブさながらの一体感を体験できるような施策がたくさんありました。 ☆Taku Takahashi:今、改めて求められているのは、“繋がり”だと思うんです。2011年に東日本大震災が起こった時、日本全体が過酷な状況の中にありましたが、それでも人と人と繋がりたいという気持ちは強かったですし、ピンチの時にみんなで集まって困難を乗り越えようとすることは大切なことだと改めて痛感しました。みんなで一体感を持って感動を生み出すこと、さらにどうやってその対価を作っていくのかが、今後の重要なポイントだと考えています。  また、みなさんそれぞれ自宅のネット環境が違う中、ライブの見せ方をどうアップデートしていくかも考えなければいけません。最初のうちは、視聴者が自宅で見られて、アーティストも自宅やホームスタジオで演奏するという点が新鮮だと思います。ただ、回数を重ねるとみんな慣れてくると思うので、エンタメとしてどう改良していくのか、見る側の立場になってそのニーズに応えていくことが大事になっていくと思います。 ーーVERBALさんは、『BLOCK.FESTIVAL』の取り組みついてどう思いましたか? VERBAL:やれることはどんどんやった方いいと思います。「ライブハウスやクラブ、フェスは止まったとしても、音楽は止まらない」というメッセージを、リモート環境下でもしっかり発信していくことは素晴らしいと思いました。 ■バーチャルの盛り上がりに期待 ーーm-floは、これまで日本のみならず、海外も視野に入れてグローバルな活動を行ってきました。現状、コロナで海外への渡航も行えない中、海外との繋がりについてはどう感じていますか? ☆Taku Takahashi:今の状況下で、m-floとしてアメリカのオンラインフェスに3回出演しています。あと、僕の知り合いのアーティストは自粛期間は曲作りに専念しているらしいんですけど、海外のアーティストからどんどんトラックを送ってもらって曲を作っていると聞きました。当たり前ですが、リアルに繋がることは難しくなる分、インターネットを介しての繋がりは強くなっていくとは思います。 VERBAL:僕は、これを機にバーチャルの世界での盛り上がりが表面化されていくことに期待しています。直近だとトラヴィス・スコットが「フォートナイト」でバーチャルライブを開催したことが象徴的ですが、実は先んじてMarshmelloなども同じことを去年やっていましたし、m-floとしてもバーチャルの分野でのエンターテインメントを進めていきたいと考えています。これからはバーチャルの世界だけで成立するカルチャーがもっと発展していくだろうし、テクノロジーに付随するエンターテインメントも徐々に市民権を得ていくと思います。  それに、視力が極端に弱い方がVRのヘッドセットをつけることで、バーチャルでDJ活動をしている事例もあります。今は目先のビジネスに集中しなければいけない状況かもしれませんが、テクノロジーをうまく活用すれば、かつてないエンターテインメントを生み出すことができるので、今後はより未来志向にシフトしていくのではないでしょうか。実際、eコマースの関連会社の株価が跳ね上がっているように、市場はどんどん変わっていきます。オンラインへの移行が加速する中、リテラシーの高い人たちは人種や国の枠を超えて繋がっていくと思います。ワクワクする反面、どう変わっていくのか予想ができなくて、少し怖い部分もあります。 ーーm-floもバーチャル分野での活動を考えているということですが、そこにはどんな課題がありますか? VERBAL:バーチャル環境でライブを行うシステムはもちろんありますが、それをマニュピレーションできるエンジニアが少ないという課題があります。モーションキャプチャやCGをはじめ、バーチャルライブは特殊な技術の集合体みたいなものです。それを全部連動できる知識やノウハウがあって、かつ音楽への理解が深い人材となるとなかなかいないので、日本で実現するのは現時点では少し難しいと思っています。ただ、これからエンジニアは増えていくと思いますし、普通のライブができない以上、バーチャルの需要が増えて新たに手を上げてくれる方々も出てくると期待しています。 ーーバーチャルライブとは異なりますが、先日SMエンターテインメントのアーティストが、オンラインライブ配信サービス『V LIVE』で開催した『Beyond LIVE』も話題を呼びました。 VERBAL:オンラインライブに関して言えば、デジタルチケットは通常よりも価格が低く設定されているので、本来のライブで稼ぐ分のチケットを売るとしたらおそらく倍以上の枚数を売らないといけなくなるし、デジタルグッズにも力をいれていなかければなりません。そもそも決まった価格があるようでない分野ですし、ライブとデジタルライブの市場は異なると思うんです。これから需要も増えてくるでしょうし、新規参入しやすいというポジティブな見方もできますが、やはり技術者が少ないので、結局はコストが高くついてしまうと思います。長期的なビジネスにしていくのであれば、それ相応の資金力が必要となりそうです。 ーー今後の日本の音楽シーンに期待することはなんでしょうか? VERBAL:日本は戦後のエンタメビジネスの風習が、いいものも悪いものも、そのまま残っています。それはエンタメだけではなくて、ファッションにも言えることなんです。例えばファッションウィークはなぜ1月と6月にパリで行う必要があるのか、ずっとそういう慣習だったらしいのですが、コロナ禍の今、ファッションウィークの開催が中止になれば、次にファッションカレンダーが不要になるのではないか、みたいにどんどん疑問が生まれてくるんです。  つまり、そのイベントが担っていたキャッシュポイントが新たに作れるのであれば、かつての慣習はなくなっても構わないケースが多い。エンタメも同じで、ビジネスがちゃんと成り立てば、どういう方法だろうが問題ないですし、実際に今はいろんな方法でビジネスを成立するチャンスはあるわけです。何を優先すべきかは個人のプライオリティの問題だとは思うんですけど、新しいマインドを持って、既存にはない発想を提案してくれる次世代の活躍に期待しています。 ☆Taku Takahashi:こういう状況下ではありますが、日本のクリエイターは面白い作品をどんどん作っています。そもそも『BLOCK.FESTIVAL』を開催した理由のひとつが、そういう日本のアーティストを紹介していくためでもあるんです。今、素晴らしいアーティストがどんどん輩出されているタイミングなのに、コロナショックによってリスナーとアーティストの間に壁ができたら、それはとてももったいないことです。結局のところ、新しい世代がいかにして面白いムーブメントを生み出せるか否かが、音楽シーンの興隆の鍵であって、それはコロナ以前から変わらないことです。僕らとしては、次世代のアーティストたちがちゃんと暮らしていけるような仕組みづくりにも貢献していきたいと考えています。

松田広宣

【関連記事】