Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

兵庫県警、サイバー空間の脅威へ強力に対処「CSISセンター」新設

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 増加するサイバー犯罪への対応を強化するため、 兵庫県警は 9月1日、「サイバーセキュリティ・捜査高度化センター(通称・CSISセンター)」を新設する。  CSIS はCyber Security investigation Sophistication の略。すでに設置しているサイバー犯罪対策課とは別に、46人体制でサイバーセキュリティー対策や捜査支援を横断的に推進する。こうした本格的なサイバー対策の拠点を設置するのは警視庁、神奈川県警、北海道警に続き4件目。  警察庁によると、2019年のサイバー犯罪の検挙件数は全国で9,519件(前年比+479件)と過去最多。このうち兵庫では390件(前年比+49件)と、最多だった2017年の396件に迫った。  2019年の兵庫での代表的な事案として、他人のポイントカード情報を利用して、コンビニエンスストアで加熱式たばこをだまし取った中国人男女らを不正アクセス禁止法違反容疑や詐欺容疑で検挙した例や、 専用のソフトを使用しないとアクセスできないウェブサイト「ダークウェブ」を利用して得た他人のクレジットカード情報を使い、ゲームソフトを不正に購入し、転売していた男らを電子計算機使用詐欺などの容疑で検挙した例があり、年々手口の巧妙化が進む。

ラジオ関西

【関連記事】