Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元日本代表監督のアギーレ氏、Jクラブからのオファーを検討中か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゲキサカ

 スペイン『マルカ』のメキシコ版は20日、元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏がアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)とJリーグのクラブからオファーを受けていることを報じた。  アギーレ氏は2014年8月に日本代表の指揮官に就任。15年1月のアジアカップではグループリーグ3連勝で首位通過を果たしたが、準々決勝でUAEにPK戦の末に敗れ、ベスト8で敗退した。15年2月に契約解除となった後はアルワフダ(UAE)、エジプト代表の監督を歴任し、19年11月にラ・リーガ1部で最下位に低迷していたレガネスへ。一時残留圏内に浮上させるなどチームを立て直したが、最終節レアル・マドリー戦(△2-2)の結果により、18位での2部降格が決まった。シーズン終了後に退任し、現在はフリーとなっている。  メキシコ版『マルカ』のアンドレ・マリン氏によると、アギーレ氏は監督としてのキャリア続行に向け、MLSかJリーグという2つの選択肢を持っているという。どちらの新天地もアギーレ氏の好みに合っているとし、「彼はオファーを検討し続けている」と伝えている。  また、同紙は「メキシコ史上最高の指揮官」と称するアギーレ氏の将来について「次のステップを終えた後、監督としてメキシコに戻るか、メディアで働くことを検討している」とレポートした。

【関連記事】