Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「家がキレイだとお金が貯まる」は本当? 汚部屋に住んだ経験から思うこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

緊急事態宣言が解除されてもなお、在宅勤務や外出自粛ムードが続いています。おうち時間が長くなっている中で、これまでサボりがちだった家の掃除や片付けに精を出した人も多いはず。 筆者は日頃、掃除や片付けをする中で、家が汚い時とキレイな時の自分の気持ちやストレス度の違いを如実に感じることがあります。そして、そうした精神状態がさまざまなところに影響を及ぼしていることも実感。筆者と周囲の経験をもとに、キレイな家で過ごすメリットについて考えます。

家が汚いことで外に出て人に会う気力も失われがちに

結婚前は安アパートで一人暮らしをしていた筆者。恥ずかしながら大学生の頃から住んでいたその部屋は多くの物で溢れ、物が多すぎるために掃除機がけもたまに行う程度でかなり散らかった状態でした。友達が遊びに来るとなったら必死で掃除をし、またしばらくすると元の汚い部屋に逆戻りするのを繰り返していました。 友達と約束をしていた、とある休みの日。その日は昼に待ち合わせて外出し、夜は友達が筆者の家に遊びに来る予定だったため、筆者は午前中に部屋の掃除をする予定でした。しかし朝、目が覚めていつもの汚い部屋を見た瞬間、不思議なほど無気力になってしまいました。 そして友達に「ごめん、体調悪いから今日はナシにさせて」とドタキャンの連絡を入れることに。汚い部屋を目の前にして気持ちがネガティブになり、友達と会うことや外に出かけたりする意欲がなくなっていったのです。 同じような状況で、アルバイトに行く気が失せたことも何度もありました。さすがにアルバイトは気力を振り絞って行きましたが、家に帰宅した時の部屋の汚さにゲンナリ。次の日の朝には、友達との約束をドタキャンしたときと同じように、1日何もやる気が起きない状態に。 今振り返ると、部屋が汚い→掃除をしなきゃ→面倒くさい→掃除をしないだらしない自分に対しても自己嫌悪→何事にもやる気をなくす→結局掃除はしない、といった悪循環にハマっていたと思います。掃除をしないことで、交友関係やバイトをすべてシャットダウンしそうになっていたのです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO