Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【中日】山本拓実、6回2失点好投も反省「もったいない点の取られ方」

配信

スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 中日―阪神(1日・ナゴヤドーム)  先発した中日・山本拓実投手(20)が6回2失点の好投でリリーフ陣に後を託した。  3回は梅野にソロ、5回は新外国人のサンズに適時打を浴びたものの、最速150キロ直球を強気に投げ込み、阪神打線を終始圧倒した。山本は「リードしたまま次の投手に渡すことができて良かったが、6イニング目にもったいない点の取られ方をしてしまった。次回はもっとイニングを延ばせるようにしたい。今日の反省と収穫を生かして、しっかりまた次に向けてやっていきたい」と意気込んだ。  ちょうど1年前に甲子園でプロ初勝利を挙げた相手も阪神。兵庫・市西宮高出身の右腕は今季も虎に相性が良さそうだ。

報知新聞社

【関連記事】