Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【生理痛・生理前・生理不順etc...Q&A10選】みんなの悩みに産婦人科医がアンサー!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

・生理前のイライラ、眠気、食欲増進、むくみはどうしてなるの? ・肌荒れの予防策はある? ・痛み止め薬を飲みたくない、どうすれば? ・生理不順はなぜ起きる? 【写真】知らなきゃもったいない! 自分に合った「生理との付き合い方」を見つけると変わること ウィメンズヘルスのInstagramストーリーズで判明した、多くの女性が抱える生理の悩みについて、産婦人科医の宋美玄医師がその対処方法について答えてくれた。

Q2.生理前の肌荒れの原因は? 予防できるもの?

A.黄体期のホルモンバランスが原因で皮脂分泌が増えるためなどと言われています。 漢方やホルモン療法※を試してみてください。 ※ホルモンの分泌を促進または抑制する薬剤を用いる治療法

Q3.腰痛と下腹部の痛みがひどい。対処法はありますか?

A.鎮痛剤や漢方薬などを処方してもらう、あるいは妊活していなければピルなどのホルモン療法で軽くする方法もあります。

Q4.生理前、食後低血糖で倒れることが多い

A.食後低血糖というのは、食後数時間経ってからですか? インシュリンの分泌が悪いかもしれないので、内科に相談されることをおすすめします。(一般的な症状ではないです)

Q5. 鎮痛剤を常用したくない! どうすればいい?

A.常用したくなければ生理を根本的に軽くするホルモン療法を行うことをおすすめします。

Q6.妊娠以外で生理が遅れる原因は?

A.色々ありますが、ストレスや体重変動により排卵障害が起こったり、多嚢胞性卵巣症候群や高プロラクチン血症のように何か素因があることもあります。

Q7.生理の時の運動はしてもいいの?

A.推奨はしませんが、気持ちが鬱ぎ込むくらいなら、体に無理がかからない範囲で運動するのは大丈夫です。

Q8.生理痛がひどい時とそうではない時の違いって何?

A.実は生理痛の痛みは多くのことがまだ明確にはわからないことが多いです。ただ、排卵の有無などで痛みが異なることもあります。

Q9.40代を過ぎて生理前の頭痛がひどくなり、更年期が近づいて生理痛が重くなる

A.生理前に決まって頭痛が起こるなら、排卵を抑えるホルモン療法も検討してみてください。 また、生理痛の原因が更年期のせいかどうか分かりませんので婦人科で筋腫や内膜症がないか診てもらいましょう。楽になる治療もたくさんあります。

Q10.どんなセルフケアができる?

A.妊活中でなければ排卵をなくすという方法もありますし、自分に合ったリラックス方法(マッサージ・エステ・アロマ・ハーブ・などなど)を試すのもおすすめです。 一人で考え込まずに婦人科に相談することが大事。自己判断せず、気になるなら医療機関を気軽に受診してみてみよう! お話を伺ったのは… 宋美玄 先生 産婦人科女医 医学博士・性科学者。子育てと産婦人科医を両立し、メディア等の露出にも積極的。“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

【関連記事】