Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

信長の突然の上洛、斎藤義龍による暗殺計画、そして信長による弟殺し。光秀が越前で雌伏の時を過ごす中、戦国乱世は大きな転換点を迎えつつある。 * * * ライターI(以下I):越前編も2週目を迎えました。光秀が称念寺(福井県坂井市)の住職の世話で子供たちに学問を教えていました。 編集者A(以下A):『論語』を素読していましたね。称念寺は、朝倉氏の本拠のある一乗谷からは約20km。そこそこ離れていますが、光秀が称念寺の世話になっていたのは史実のようです。三重大学の藤田達生教授の著書『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』にはこんな記述があります。 〈近年においては、朝倉氏に仕える時期に越前丸岡の長崎称念寺(福井県坂井市)に夫婦で寄寓していたことが注目されている。同寺の住職の計らいで連歌会を朝倉氏家臣と開き、それが契機となって朝倉氏に仕官できたとするのである〉 I:捨てる神あれば拾う神あり。縁とは不思議なものだと強く感じますが、縁を手繰り寄せるのも才覚のうちですからね。 A:さて、この回では、信長(演・染谷将太)や斎藤高政改め義龍(演・伊藤英明)の上洛が描かれました。ほぼ同時期に越後の上杉謙信も2度目の上洛を果たしています。 I:斎藤義龍が、信長を暗殺する動きがありました。時が経って義龍は孤独な権力者になって、相談できる相手もおらず苦悩している様子でした。「後悔している」といって、うっすら目に涙を浮かべていましたね。今回で最後の登場です。 A:義龍による信長暗殺計画のくだりは『信長公記』にも詳細が記録されています。それによると、永禄2年(1559)2月、信長は唐突に上洛すると言い出して80人の供回りで上洛。京の都、奈良、堺を見物したのちに、将軍足利義輝(演・向井理)に謁見したようです。 I:信長は、奈良や堺も見物していたのですね。それで松永久秀(演・吉田鋼太郎)に尾張と摂津を交換したいなんて要求したんですね。それは興味深いですねえ。でも、上杉謙信、斎藤義龍、織田信長とほぼ同時期に謁見する将軍義輝、来るものは拒まずということなんでしょうが、節操がない感じがします(笑)。 A:当時の将軍家はもう背に腹はかえられないのですよ。それだけひっ迫していたということでしょう。力を失った将軍の様子を向井理さんが憂いを漂わせて好演していました。さて、この信長初上洛ですが、『麒麟がくる』でも〈上洛する信長殿を刺客が狙っている〉と説明されましたが、斎藤義龍による信長暗殺計画が浮上します。『信長公記』では、丹羽兵蔵という家臣が先乗りした際に怪しげな美濃衆と出会って、信長暗殺の計画があることを掴むというストーリーになっています。 I:丹羽兵蔵? 丹羽長秀の一族かなんかですか? A:いや、それがよくわからんのですよ。丹羽兵蔵の出自が。普通に考えたら丹羽長秀の一族かとも思われますが、その後の動静もよくわからず、もしかしたら『麒麟がくる』の菊丸(演・岡村隆史)みたいな間者だったのかなあ、なんて妄想したくなる描写です。『信長公記』の描き方は、並の時代小説を超えて臨場感があって面白いですよ。

【関連記事】