Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【名刀を訪ねる】織田信長の安土城から明智光秀が奪い、尾張徳川家に伝来した“名物刀剣”|徳川美術館(尾張)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

名刀を鑑賞するなら、刀を愛した戦国武将や、高名な刀匠が作刀に勤しんだ産地こそふさわしい。武将ゆかりの尾張(愛知県)、刀匠ゆかりの備前(岡山県)を旅してみたい。

名刀の旅(2) 尾張

徳川美術館 ●名古屋市東区 御三家・尾張徳川家伝来の“名物刀剣”を鑑賞する 慶長12年(1607)、徳川家康の九男・義直(1600~50)を家祖として成立した尾張徳川家は、徳川御三家の中でも最高の格式を誇った。尾張徳川家に伝来した宝物を収蔵する「徳川美術館」は、末裔の邸宅跡に立つ。学芸員の並木昌史さん(50歳)が見どころを解説する。 「当館には、通称がついた“名物刀剣”が数多く伝わっています。刀剣は作品の出来栄えだけでなく、由緒来歴も重要。高名な武将が所有したり、偉人の命を救ったなどの伝説が伴う刀剣は通称で呼ばれ、珍重されたのです」 同館の刀剣の中でも数奇な運命を辿った一口が、国宝『名物 津田遠江長光』だ。織田信長の安土城から明智光秀(1528~82)が奪い、何人もの所有者を転々とした後に徳川家に伝来。“津田遠江”は光秀から太刀を与えられた家臣の名に由来する。豊臣秀吉の子・秀頼(1593~1615)から家康に伝わった『名物 南泉一文字』のように、切れ味の鋭さを中国の故事になぞらえた例もある。

家康は無類の刀剣愛好家

家康は熱心な刀剣愛好家だった。自らの意志で積極的に蒐集したことが、名物刀剣が伝わった要因とされる。家康の死後に作成された遺産目録『駿府御分物御道具帳』では、はじめに刀剣の目録があり、重要視していた様子がうかがえる。 「家康は高い審美眼と美意識の持ち主で、鎌倉武士への憧れから正宗を多く手元に置き、当時から珍重された京物も蒐集しています。また、目利きに秀でる本阿弥光徳(1554~1619)を鑑定家として雇いました。光徳は刀剣のことであれば、家康に意見することもあったほどです」(並木さん) 藩主や大名から献上された刀剣も多い。並木さんがこう語る。 「大名家の跡継ぎが将軍にお目にかかる際、献上品として刀剣が用いられました。また、正式に将軍に挨拶する際には、重要度に応じて太刀を贈る慣例があり、刀剣は儀礼に欠かせないものでした」 武士や大名にとって、刀剣は武器を超えた存在だったのである。

【関連記事】