Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

荒井里桜×上野耕平、藝大とFENDI開催のストリーミングイベント出演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 バイオリニストの荒井里桜と、サクソフォン奏者の上野耕平が、9月6日にイタリア・ローマ(Rome)を代表するラグジュアリーブランド フェンディ(FENDI)と、国内唯一の国立芸術総合大学である東京藝術大学(Tokyo University of the Arts)が共に行う、「フェンディ ルネサンス-アニマ・ムンディ」と題したストリーミングイベントに出演。  本イベントの第3弾となる今回の舞台は、上空約230mから東京を一望することができる東京・渋谷にある展望施設「SHIBUYA SKY」と、GINZA SIXにある都会の中で自然を身近に感じられる環境をシンボリックに表現した屋上庭園「GINZA SIX GARDEN」。東京藝術大学音楽学部の学生でバイオリニストの荒井里桜(Rio Arai)と、同大学出身のサクソフォン奏者、上野耕平(Kohei Ueno)がイタリア人作曲家ジョアキーノ・ロッシーニ(Gioachino Rossini)の「ウィリアム・テル序曲(William Tell Overture)」よりフィナーレを演奏し、その際に2人はそれぞれ2着のフェンディ2020 年プレフォールコレクションをまとう。  2013年に東京藝術大学大学美術館で開催したエキシビション「FENDI-UN ART AUTRE~フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベーションの軌跡~」以降、フェンディは東京藝術大学への支援を継続的に行ってきた。  そして今回、その美点と創造性を最高の水準で表現する東京藝術大学とフェンディとのコラボレーションにより 本イベントが実現。演奏会というアイデアは、新型コロナウィルスのパンデミックを経験したあと、「アートファッション、そして音楽を通じた再生」というポジティブなメッセージをコミュニティに届けたいという強い想いから生まれた。  演奏は、未来への「希望」という私たち共通の願いを象徴している。ロッシーニの作品の中でも特に「ウィリアム・テル序曲」は、人々の歓喜が目に浮かぶほどの効果を上げるその作風により、胸を躍らせ感情を 高揚させるクライマックスへと聴き手を導く。  イベントのタイトルにある「アニマ・ムンディ」とは、すべての形ある生命体をひとつにする原理を表す。生物はそれぞれに特有の性質によってお互いを区別しているが、それでも、共通する宇宙霊魂(Universal Soul)の下でひとつに結びついている。  「フェンディ ルネサンス-アニマ・ムンディ」は、2020年9月6日(日)よりフェンディ公式サイトおよび公式SNSチャンネルのほか、東京藝術大学の公式サイト、および公式ツイッターアカウントで配信する。

【関連記事】