Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本で人気低迷も海外では大人気!? 三菱車が東南アジアでウケている理由とは

配信

くるまのニュース

海外では人気上昇中! 低迷は国内だけ?

 三菱は、2004年のリコール隠しや、2013年に起こった燃費不正問題により、国内ではイメージダウンとユーザー離れが目立っています。1990年代後半には国内における三菱の乗用車販売は年間30万台以上といわれましたが、2019年は年間5万台にも満たない4万6930台しか販売されていません。 【画像】日本で見ない車種がズラリ! 三菱の海外専用車を画像で見る(20枚)  しかし、海外での三菱の評判は国内とはまったく異なり、販売も好調だといいます。とくに、東南アジアでの好調が目立つとのことですが、いったい、なぜ評価が大きく異なっているのでしょうか。

 三菱の発表によれば2019年の海外輸出実績は37万5512台となっており、海外販売が好調なのがわかります。また、海外拠点における生産台数は2019年で74万9000台以上となっています。  この数字は過去と比べて大きく増えており、例えば、1997年の海外輸出は約35万台と、23年前と比べて約2倍まで数を伸ばしています。   まず、三菱の海外生産開発拠点のうち、多くは東南アジアに集中しています。例えば、タイには、自動車生産工場と自動車エンジン生産工場が2か所、フィリピンには自動車生産工場と自動車部品製造工場が2か所あります。  このほかにも、インドネシアとベトナムに自動車生産工場があるなど、世界のなかでアジア地域に三菱の自動車生産拠点が多くあります。  また、フィリピン自動車工業会などの発表によれば、2018年におけるフィリピンでの販売台数首位はトヨタでしたが、2位に三菱、3位に韓国の現代自動車が続いており、三菱車の人気の高さが伺えます。  さらに、フィリピンでオンライン自動車販売を手掛けるAuto Dealによれば、2018年に顧客満足度の調査において、三菱は顧客への対応やフィードバックの速さが高く評価されています。  クルマに詳しいフィリピン在住の日本人は、現地での三菱への評価について、次のように話します。 「日本では不正問題によりブランドイメージが失墜しましたが、東南アジアでは過ぎ去ったことを責めていません。いまの体制や顧客への対応力、販売されているクルマの品質などが評価されています。  また、日本ではなくなってしまいましたが、クロスカントリーなどで鍛えられたピックアップトラックやRV車など、悪路に強い魅力的なラインアップにあることも人気の理由です」 ※ ※ ※  三菱の東南アジア諸国にとどまらず、ヨーロッパでも人気が高まっています。  例えば、2018年度には、英国でも売り上げを22%伸ばしています。また、英国三菱によれば、とくに「アウトランダーPHEV」が人気を集め、同車は2018年に英国のプラグインハイブリッド市場全体の19%を占めるクルマとなっています。

【関連記事】