Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

八戸の画材店「八戸彩画堂」がマスクチャーム販売 マスクのアクセントに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 コロナ禍が続きマスクが手放せない中、マスクを装飾するアクセサリー「マスクチャーム」を画材店「八戸彩画堂」が販売している。(八戸経済新聞)  マスクチャームを制作するのは、八戸市でハンドメイドワークショップを開催中の「手づくり工房 ふらんくねすママ」の工藤洋子さん。工藤さんは「マスクを着けることが苦手な人もいるが、おしゃれや楽しみの一つとしてマスクにチャームを付けてみては。マスクの柄やデザインに合わせてチャームを変えることで、おしゃれの幅が広がり楽しみも増える」と制作のきっかけを話す。  チャームは天然石を使用し、ターコイズやローズクオーツなどの石がパワーストーンとして持つ意味も書いてある。天然石のチャームは300円、それ以外のチャームは100円。  購入者は女性が多いが、男性がプレゼント用に購入することも。チャームは洗濯の時には外すことができ、マスク以外のファスナーやストラップなどにも付けることができるので、マスクの時期が終わっても使うことができる。  八戸彩画堂事務長の松田依子さんは「マスクが当たり前になる生活の中で、新しい楽しみの一つとしてマスクチャームでおしゃれをしてだけたら。ぜひ手に取って見てほしい」と来店を呼び掛ける。  営業時間は10時30分12時45分、14時~18時。月曜・火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク