Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

MotoGPとF1の日本GPが中止に……その背景には何があったのか?:モビリティランド社長に訊く(1)

配信

motorsport.com 日本版

 2020年は、まさに前代未聞の1年となっている。新型コロナウイルスの感染が世界中に広がったため、ほとんど全てのモータースポーツが、開催中断を余儀なくされることになった。 【ギャラリー】美しきF1マシン:「”戦うチーム”に生まれ変わった、記念樹的1台」レッドブルRB3  しかしそんな中でも、徐々にシーズンがスタート。F1とMotoGPも、7月に初戦を迎えることになった。  ただいずれのシリーズも、今年の日本GPは中止。いずれも、1987年から続いてきた日本でのレース開催の記録が潰えることとなり、ファンの間では衝撃が走った。  MotoGPはツインリンクもてぎで、F1は鈴鹿サーキットで、それぞれ開催される予定だった……それぞれ、どんな経緯で中止になったのか? 両方のサーキットを運営するモビリティランドの、田中薫社長に話を訊いた。  まず最初に開催中止が決まったのは、MotoGPの方である。 「お客様、そしてエントラントの安全・安心という観点が一番重要でした。そして、MotoGPとしてはヨーロッパでできるだけ多くのレースをやって、シリーズを成立させなければいけないということでした。そういう意味では、長年一緒に仕事をしてきたパートナーとしては、開催中止という決定を、仕方なくではありますが、受け入れるしかないということでした」  田中社長は、MotoGPを運営するドルナの要望により、MotoGP日本GPの中止を決断したと語った。これは、開催中止が発表されたリリースに記載された理由とも同じだ。 「彼らもすごく困っていました。ヨーロッパでは、まだ(新型コロナウイルスの)感染が拡大しています。そういう中では、陸続きのヨーロッパ内を転戦することはできても、フライアウェイ戦は難しいという話もありました」 「我々としても、シリーズ成立のためには仕方がないと判断しました。開催中止を決めたのは6月の初めですが、その状況でEUからの渡航を受け入れることができるかという点も不透明でした。そういう意味では安全・安心という観点から、判断をしなければいけませんでした」  ヨーロッパでの序盤戦は、無観客で開催されることが決まっている。しかし日本GPが無観客で開催される可能性はなかったという。 「基本的には、無観客という話はなかったです。ドルナとしても、プロスポーツとしてはお客さんに観ていただかなければいけないし、スポンサーやチームとの契約という話もあったと思います」 「フライアウェイ戦は、ヨーロッパでのレースと比較して、輸送費など多額のコストがかかります。ヨーロッパではどうやってレースを実現しているのか分かりませんが……日本GPはその費用を捻出するためにも、無観客という判断はなかったと思います」  ヨーロッパでのレースをできるだけ多く開催し、その後年末に時期をずらして日本GPを開催する……そんな選択肢も頭に浮かぶが、ツインリンクもてぎの場所を考えれば、それも簡単なことではなかったようだ。 「時期をずらすということも検討しなかったわけではありません。でももてぎは、地域特性や気象条件を考えると、12月の開催は難しい。寒いのはもちろんですし、日没の時間も早まってしまいます。そう考えると、当初の10月以降の開催は、やはり難しかったと思います」  ただドルナとしても、日本GPの重要度は、大いに認識しているという。 「日本はホンダ、ヤマハ、スズキと、バイクメーカーの母国ですからね。その中で日本GPの重要性は、ドルナにも認めていただいています。しかし現在の状況の中では、やはり仕方ない……という感じではないでしょうか。このウイルス感染の状況については、先がまだ見えないですからね」

田中 健一

【関連記事】