Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

学校が焼け野原に…校長が守った「大切なもの」戦争漫画の新しいオチ 「考えさせられる笑い」作者の思い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

「学校など、なくなってしまえばいいのに」。戦時中、そんな願いが予想外の形で実現されてしまったーー。ある学校教諭が語ったエピソードを、忠実に再現した漫画が、ツイッター上で反響を呼んでいます。「歴史をジャッジせず、ありのまま伝えたい」。75回目の終戦記念日に、作品を投稿した漫画家の思いに迫りました。(withnews編集部・神戸郁人) 【漫画】「学校など燃えてしまえばいい」少年の言葉は現実に…焼け落ちた校舎で見た光景 75年前のリアル

留年のピンチ、襲い来る戦闘機

8月15日、「学校の空襲」と名付けられた5ページの漫画がツイートされました。 時は太平洋戦争末期。現在の神奈川県湘南地域に住み、旧制中学に通う少年が主人公です。学業が振るわず、いきなり中間試験で赤点を取ってしまいます。留年や落第を恐れ、「まずいまずい……!」と勉強し、挽回(ばんかい)しようと必死です。 そんな中、敵国の戦闘機が突如飛来し、街を空襲しました。「これだけ何もかも燃えてしまうと、もしや学校も……!?」。避難する人々に混じり、少年はひそかにそう考えます。

灰になった校舎とうれし涙

翌朝登校してみると、学校は焼け野原に。「お早(はよ)う、諸君」。先に到着していた校長先生が、生徒たちにあいさつしつつ、こう語ります。「学校は灰になってしまった」「が、我々にとってもっとも大切なものは、命にかえても守りました。安心しなさい」 身につけた国民服はすすにまみれ、靴や足を保護するゲートルも真っ黒。校長はいち早く現場入りしたのでしょう。学校幹部に、直接話しかけることが許されていない少年に代わり、上級生が「その大切なものとは何でありますか」と問います。 「バカ者!! 我々国民にとって何が大切か、覚えがないとは何事か!!」。彼が示したのは、皇族の写真「御真影」でした。そして、がれきの上に飾ると、生徒一同に「礼!!」と号令をかけるのです。 少年は頭(こうべ)を垂れつつ、一人うれし涙を流します。なぜなら、期末試験の結果が、校舎もろとも灰になったから。そして「こんな不謹慎なこと、当時は絶対に言えなかったという思い出です」と締めくくられます。 「考えさせられる笑い」「人の心はいつも同じだ」。ツイートにはそんな読者の声が連なり、8千超の「いいね」がついたほか、3千回以上リツイートされています(21日時点)。

【関連記事】